週プレNEWS TOP ニュース エンタメ 美人ぞろいの戦いにも注目! お笑いマニアに聞く『R-1ぐらんぷり』の本命は?

ニュース

美人ぞろいの戦いにも注目! お笑いマニアに聞く『R-1ぐらんぷり』の本命は?

[2018年03月06日]

NEW

『R-1ぐらんぷり』決勝出場者たち。果たして勝ち上がるのは?

大活躍中のピン芸人アキラ100%。その道は、昨年の『R-1ぐらんぷり』を制覇して開かれた! 

今年は誰がその栄冠をつかむ? 本日19時から放送予定(フジテレビ系列)の決勝の見どころをお笑いマニアたちに聞いてみた!

■ピン芸人が今キテいるワケ

そもそもアキラ100%だけでなく、ブルゾンちえみやサンシャイン池崎などピン芸人が今これだけ活躍している理由って何? お笑い評論家のラリー遠田(とおだ)氏はこう語る。

「ピン芸は、歌やダンス、モノマネ、ギャグなどキャッチーな要素を含むことが多く、そういうところがバラエティ番組で使いやすい。また、コンビ芸人より番組MCにツッコまれたりイジられたりするスキが多く、扱いやすいのも理由です」

なるほど。では、今後もピン芸人からブームを巻き起こす人材が出てくると!?

「はい。その点で今年も“R-1ぐらんぷり”は注目。ピン芸人が全国ネットのゴールデンタイムにネタを披露できる機会は少なく、ここにすべてを懸けていると言っても過言ではありません。しかも、3月という年の頭に開催されるので、その年に活躍する芸人の登竜門になっているところもあります。

『R-1』がきっかけで売れたといえる最初の芸人は2005年に優勝したほっしゃん(現・星田英利)。その後も博多華丸、なだぎ武、じゅんいちダビッドソンなどがこの大会で活躍してチャンスをつかみました」

■今年の見どころと注目芸人は?

では、今年のR-1の見どころを教えてください!

「今年は“渋いオトナの職人芸バトル”。昨年、一昨年のハリウッドザコシショウ、アキラ100%、サンシャイン池崎のようなハイテンション系、裸系のネタをやる人がいません。きちんとネタで笑わせる正統派の芸人が多い。また、コンビ芸人の片方がピンとして出ているという割合も少なく、本職のピン芸人を中心にしたハイレベルな戦いが期待できそうです」

ちなみに、注目芸人は?

おいでやす小田です。泥くさい演技で笑わせる正統派コント芸人。3年連続で決勝に進出していますが、過去2回ハリウッドザコシショウ、アキラ100%などの裸芸人の後というネタ順のためファイナル進出を逃しています。裸芸人のいない今回こそがチャンス」

確かに、裸芸のインパクトは強いですもんね。

「インパクトでいうと濱田祐太郎にも注目。生まれつき全盲に近い弱視という障害を抱えるピン芸人。昨年『NHK新人お笑い大賞』でも決勝に進み、実力は証明済み。自身の障害のことを明るく話す漫談にどんどん引き込まれていきます」


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25
  • Jun 11th 2O18 no.24

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】小倉優香、タイで見せた新しい顔。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.27