週プレNEWS TOP 連載コラム 語っていいとも! 語っていいとも! 第54回ゲスト・浜田ケンジ「おこがましいけど…ピストルさんにも負けてる気、1ミリもないです」

連載コラム

語っていいとも! 第54回ゲスト・浜田ケンジ「おこがましいけど…ピストルさんにも負けてる気、1ミリもないです」

[2018年03月11日]

笑福亭鶴瓶から「お前がなぜ売れないかさっぱりわからん お前の歌は時代を超えて心を揺さぶる」と絶賛された浜田ケンジさん

あの国民的バラエティ番組のスピリットを引き継ぎ“友達の輪”を!とスタートした『語っていいとも!』

前回、俳優の駿河太郎さんからご紹介いただいた第54回のゲストは歌唄いの浜田ケンジさん。

駿河さんがMVに出演する『僕は馬鹿になった』など独自の世界観と印象的な声の楽曲でじわじわ注目され、笑福亭鶴瓶も「心を揺さぶる」と絶賛。弾き語りライブで全国を周り、熱いファンを増やしている。

その鶴瓶さんとのエピソードや楽曲の裏側、自身が育った背景などから素顔を伺ったがーー。(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一)

―それだけ東京大好きっ子になってしまい、若い頃に上京してたらヤバかったと。楽しいだけで刺激に流されてね。それは街なんですか、人なんですか?

浜田 人ですね。イイ人たちばっかり出会って、すごい人には恵まれているなって感じます。

―人見知りで飲み友達は少ないと言いつつ(笑)、ディープな繋がりが。こんな魅力的な人間が集まって、本気で生きてるんやっていう刺激ですかね。

浜田 そこが楽しいなって。帰れない理由はそれが結構占めてるかもしれないです。だから、自分がやってることをサボったら、今の周りの人たちとは付き合えなくなるのもわかってますので…。もう絶対サボれないしって、その気持ちにさせてくれるのもすごいなと。

―こんな本気で物事考えたり、仕事に立ち向かってるヤツらと一緒におるには適当こいてるワケにはいかんと。

浜田 適当にやったら、もう会話も合わなくなるんだろうなって。前までは一緒に喋れたのにもう喋れないみたいな、そういう人たちもいっぱい見てきたんで。こうはなりたくないなっていう。

―この人らに相手してもらうのに恥ずかしくない、ちゃんと会話できる自分でいたい?

浜田 あ! もう、まさにそれです。今、僕の言いたいこと全部言いました(笑)。

―ははは。では歌詞の参考にしてもらえれば(笑)。でも本当にそういうのありますよね。僕は入社して最初『少年ジャンプ』に配属されたんですけど、やっぱり周りが本気で漫画家さんと二人三脚でやりあってる世界なので。しらけてるワケにはいかないんですよ。ほんと、『バクマン』的というか(笑)。

浜田 あー、ちょっと前に読みました(笑)。

―強烈だし刺激もあるところで、自分が適当こいてたらカッコ悪いし認めてもらえないし。この業界もですけど、東京ってそういう人たちが集まるところですよね。

浜田 だからすごいパワーがあるなと思って。その分、いい加減な人もいっぱいいますけど(笑)。

―有象無象で(笑)。そういう両極端なものも含めて全部、歌になるんでしょうけど。『表通り』みたいな叫びでぶつけるのも(笑)。

浜田 ね(笑)。もう、今まで自分が会ってきたイヤなやつとかを全部吐き出してやろうと思って(笑)。

―“表通り”ってタイトルで、まさかあんなダークな中身だとは思いませんから(笑)。ある意味、ギャップもすごいなって。

浜田 いやいや、なんかああいうのもアルバムに入ってたらいいかなって(笑)。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O
  • Apr.30th 2O18 no.18

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.22

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018