週プレNEWS TOP ニュース スポーツ ついにメジャーで刀を抜いた! ピッチャーとして伸びしろだらけの大谷翔平

ニュース

ついにメジャーで刀を抜いた! ピッチャーとして伸びしろだらけの大谷翔平

[2018年03月11日]

大谷の初登板は1回1/3を2安打2失点(自責点1)。投じた31球の内訳はストレート22、フォーク6、スライダー2、カーブ1。地元紙は「記念品を(外野のファンに)与えるのはうまかったが、ほかはさえなかった」と辛口評価

品定めを目論(もくろ)んでいた向きからすれば、一本目の刀は「思ったほどでは」というのが正直なところだろう。

2月24日、大谷翔平はブルワーズとのオープン戦でまずピッチャーとしてデビューした。ふたつの三振を奪ったものの、ホームランを打たれるなど2失点。最速156キロのストレートは指にかかりすぎたり抜けたりと、メジャー球を操ることはできなかった。

しかし、大谷にとってこれは想定内だ。これまでも彼はオフの間に鍛えた体と磨いた技術を、開幕までに「音合わせ」(大谷)してきた。まして今年はボールやマウンドなど、これまで定数だった値が変動している。それだけ音合わせの作業は煩雑になり、時間がかかるのも当然だ。

ピッチャーとしては伸びしろだらけの大谷だが、それでもメジャーリーガーを驚かせるだけのスペックは持ち合わせている。大谷は言った。

「1回目の登板からビシビシ決まることはないので、例年通りかなという感じです」

誰よりも冷静で客観的なのは、大谷自身だったようだ。

(取材・文/石田雄太 写真/共同通信社)


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018