週プレNEWS TOP 連載コラム 週プレ外国人記者クラブ 原発事故7年目の「教訓」──未だ避難生活に苦しむ数万人の声にどう向き合うべきか

連載コラム

原発事故7年目の「教訓」──未だ避難生活に苦しむ数万人の声にどう向き合うべきか

[2018年03月15日]

震災発生直後から原発事故について独自の取材を続けてきたスイス出身のジャーナリスト、ミゲル・クインタナ氏

「東日本大震災から7年」か、それとも「東京オリンピックまで2年」か…2018年3月現在、日本人の眼差しはどちらに向いているのだろう?

毎年3月になると、様々なメディアが「震災の記憶」を振り返る特集を組む。そこには、未来へ向けてひたむきに頑張る被災地の人々の姿が映し出される。しかし現実には、7万人超もの人たちが避難生活を送り、福島第一原発事故の収束は未だ目処が立っていない。

7年が経った今、我々日本人が本当に目を向けるべきはどこなのか? 「週プレ外国人記者クラブ」第109回は、震災発生直後から原発事故の取材を続けてきたスイス出身のジャーナリスト、ミゲル・クインタナ氏に聞いた――。

***

─3.11から7年が過ぎ、人々からあの震災と原発事故の記憶が少しずつ薄れているように感じます。歴史的に多くの自然災害に見舞われてきた日本人は、苦難を乗り越え前向きに生きる強さを持っている反面、過去の悲劇やそこから得た教訓を忘れてしまうことが多いようにも思えます。

クインタナ 私は、日本人が過去のことを忘れやすいとは思いません。辛い過去の記憶ばかり振り返るのではなく、前を向いて生きようという姿勢はどの国にもあるからです。ただ、福島の原発事故に関しては「過去を忘れて前向きになる」のではなく、「過去を忘れさせられて…」と言ったほうが正しいかもしれません。

歳月を経るにしたがって、前向きに復興を伝える明るいニュースが増えてきた。もちろんそれは悪いことではないけれど、深刻な放射能汚染により故郷への帰還が絶望的な人や、福島県内外の避難先で新たな生活基盤を築けず、将来への希望を見出せていない人はまだまだたくさんいる。

避難者たちの多くは今も答えのない中で生きている。福島第一原発から約230km離れた東京を含め、被災地から遠く離れた地域に住む人たちはその人たちの存在を忘れていないか。メディアはその人たちのことを十分に報じられているか。私は、原発事故は「過去の話」などとは到底思えません。

─あの原発事故の「教訓」は日本社会で本当に活かされていると思いますか?

クインタナ 震災から2年後、2013年7月に原発の安全規制に関する「新基準」が決定しました。それは一応、事故の教訓を活かしたものということになっている。新基準では、巨大津波に備えた防潮堤の設置や非常用発電機の設置など様々な規制が義務付けられましたが「新基準を守れば、再び3.11のような大災害が起きても原発は絶対安全だ」とは誰も保証できません。

電力事業者は、原子力規制委員会が新基準に適合していると認めれば原発を再稼働できるということになっている。しかし規制委は「再稼働してもいい」と許可を出すわけではなく、あくまで「新基準を満たしているかどうか」を判断しているに過ぎない。そして国は「電力事業者の原発再稼働を認めるかどうかは原子力規制委員会の判断による」と言う。

再稼動は誰が決めるのか、再び事故が起こった場合は誰が最終的な責任を取るのか…その議論があやふやなまま「美しい無責任の三角形」が形成されているように見えます。

原発事故の本当の教訓は、それまで「絶対に安全」と言われ続けてきた原発で「想定外」の災害によって事故が起きたことです。ならば、「想定外」とされていたワーストケースシナリオ、つまりメルトダウンを想定して原発のあり方を考えるべきでしょう。もちろん日本は民主主義国家として、国民のコンセンサスを得た上で再稼動に向かうのであれば、それは誰にも否定できません。しかし、日本は地震、火山といった自然災害のリスクを多く抱えていて、それでも原発を再稼働すべきなのか、国民は直接問われていません。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16
  • Apr. 9th 2O18  no.15

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.18