週プレNEWS TOP ニュース エンタメ 街からジャンプがなくなった!? 伝説の90年代、発行部数653万部の衝撃に原画で感動!

ニュース

街からジャンプがなくなった!? 伝説の90年代、発行部数653万部の衝撃に原画で感動!

[2018年03月19日]

NEW

さらに、展示されている原画に関して有野が「原画なのでジャンプのサイズよりちょっと大きいんですよ。修正の白い線もあって、ここではこんなに迷ってたんやなっていうのが見れて、嬉しかったです」と魅力をアピール。

岡田も「(原画を前にして)その時、読んでいたことを思い出して、鳥肌が立ちました!」とその感動を伝える。

ジャンプ展10

秋本治・アトリエびーだま/集英社

(c)秋本治・アトリエびーだま/集英社

続いて、作品の原画パネルを元に名シーンを振り返るコーナーでは『DRAGON BALL』『幽☆遊☆白書』『SLAM DUNK』について、それぞれの思い入れが語られていくことに。

『SLAM DUNK』で、登場人物の安西先生が三井にかけて投げかけた「あきらめたら そこで試合終了ですよ…?」という有名な台詞に関して、濱口は「マンガの台詞なのを忘れて、自分の台詞みたいに話している時がありますね」と発言。すかさず有野は「(TV番組の企画で)無人島に行っている時も、2日目の夜辺りに、あきらめたら終わりやぞ!って言ってますからね」とツッコミを入れるシーンも。

ジャンプ展12
トークセッションの最後には、濱口より「原画から伝わってくる先生の魂や息遣いを感じに会場へ足を運んでほしい」とメッセージ。その言葉通り、実際に原画を目の前にした時、思い出の中にあるシーンやキャラクターたちが色あせることなく、自身の中で躍動するような体験ができるはずだ。

今回の展覧会は3月19日から六本木ヒルズでスタート。90年代のあの頃、毎週月曜日が楽しみでならなかった少年少女たちから大人まで、そしてその子ども世代まで伝説を受け継ぐべく、ぜひ足を運んでもらいたい!

(取材・文/加藤真大 撮影/榊智朗)

★「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.2 -1990年代、発行部数653万部の衝撃-
【場所】東京・六本木ヒルズ森アーツセンターギャラリー(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階)
【期間】3月19日~6月17日(会期中無休) 午前10時~午後20時(最終入館19時30分)※4月28日~5月6日は午前9時~21時(最終入館20時30分)
【当日券】一般・学生2000円(1800円) 中高生1500円(1300円) 4歳~小学生800円(500円)※カッコ内は前売り料金 4歳未満は無料 価格は税込


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16
  • Apr. 9th 2O18  no.15

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.18