週プレNEWS TOP 連載コラム 神保町☆女子大生Cafe 今どきギャルといえば“にこるん”? ルーズソックスにヤマンバ全盛期との違いは…

連載コラム

今どきギャルといえば“にこるん”? ルーズソックスにヤマンバ全盛期との違いは…

[2018年03月27日]

今と昔のギャルの違いを話す愛華ちゃん

神保町☆女子大生Cafe」第83回。現役女子大生たちが、旬で話題の流行りネタについて言いたい放題のから騒ぎしちゃいます!

2014年に休刊した伝説のギャル雑誌『egg』がウェブで復活するとのニュースが。『egg』は、日焼けサロンで焼いた肌×メッシュへアの“ヤマンバ”や何日も風呂に入らない“汚ギャル”、ミニスカートにルーズソックスを合わせた制服の着こなしなど、様々なギャル文化を発信させていた雑誌。最盛期は50万部発行していたそうです。

そこで今回のテーマは、「4年ぶりにギャル雑誌『egg』が復活。今と昔のギャル文化の違いは?」ーーギャル全盛の時代と今では、ギャルの定義は異なるのでしょうか?

「私はギャルではなかったのであまり詳しくないのですが、小学生の頃はTVや雑誌でギャルが特集されているのをよく見ていました。昔と今では、やっぱりギャルの定義は変わってきているように思います。

昔のギャルって言葉遣いが悪かった気がします。なんか男っぽかった(笑)。今は、たまにタメ口のコはいるけどイヤな気はしないかな。ファッションも昔は日焼けした人が多かったり、ルーズソックスが流行ったりしていたけど、今はにこるん(藤田ニコル)のような美白のギャルが男女ともに人気だと思う」(愛華ちゃん・首都大学東京2年・20歳)

「渋谷でよく見る最近のギャルは『egg』が流行っていた頃よりもナチュラルなファッションになったと思う。そこまで個性的すぎないからメイクや服選びが苦手な人でも真似できそう。ハロウィンやクリスマスなどのイベント時に“ギャルコスプレ”としてたまにやってみてもいいかなって思います」(明穂ちゃん・青山学院大学1年・19歳)

「世間的なギャルのイメージとしては厚底ブーツやルーズソックス、濃いメイクとかじゃないかな。でも、イマドキのギャルは、にこるんやみちょぱ(池田美優)など男子ウケも良さそうなファッションって感じだと思います。せっかく復活するなら、最近のギャルよりも個性的なファッションやメイクをしてほしい!」(彩香ちゃん・明治大学1年・19歳)

「ギャルといえば、やっぱりルーズソックスにパンツが見えそうなくらいのミニスカート! そして、ちょっとお行儀が悪い(笑)。道端に座り込んで喋ってるイメージ。そんな昔のギャル文化の印象が強すぎて、今のギャルはなんか普通に見えてしまいます(笑)。最近はもう昔のようなギャルはほぼいないですよね。まぁ、いたとしてもあまり真似したくはないかな。それよりも、乃木坂46や欅坂46みたいな清楚っぽいファッションが好きです」(和恵ちゃん・法政大学1年・19歳)

「昔は元の顔がどんな感じかわからなくなるほどの濃いメイクや髪型だったけれど、最近ではナチュラルめなメイクや服になっていると思います。奇抜すぎないので普通にオシャレだし、私も参考にしています」(梨奈ちゃん・昭和女子大学1年・19歳)


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16
  • Apr. 9th 2O18  no.15

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.18