週プレNEWS TOP 連載コラム 美メンズ変身講座 日本人の8割は歯列矯正が必要!?「乳幼児の母乳の与え方も大事です」

連載コラム

日本人の8割は歯列矯正が必要!?「乳幼児の母乳の与え方も大事です」

[2018年03月28日]

「日本人の8割は噛み合せ異常で、矯正が必要な状態」と指摘する宮島悠旗医師

出会いの季節に、第一印象にも影響する“歯並び”。

自分の歯並びにあまり自信がなかったとしても、歯列矯正するほど悪くはない…と思っているかもしれない。しかし、実際には日本人の8割が“噛み合せ異常”であり、矯正が必要な状態なのだという。

矯正歯科専門医で『国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”』著者の宮島悠旗(みやじま・ゆうき)氏に聞いた。

*    * *

―自分は歯並びがお世辞にも良いと言えませんが、特に生活上の不自由はないし、誰かに治せと言われたこともありません。

「日本人は歯並びに無頓着ですし、気になっても優しさから指摘しないという文化です。多くの日本人は自分たちの歯が普通だと思っているでしょうが、もし日常的に欧米人と接する環境なら、歯並びの悪い人がいないことに気づくはず。海外では歯並びは身だしなみの一部であり、遺伝的に日本人より歯並びの良いアメリカ人でも8割は矯正しています」

―欧米人に比べて日本人は元々、歯並びが悪いのですか?

「先天的に日本人は欧米人に比べて顎の骨が小さいのに対し、歯1本1本はむしろ大きく、特に前歯が大きいのが特徴。そのため歯がきれいに並びきれず、でこぼこになったり、八重歯や出っ歯などになりやすい。実は日本人の8割は噛み合せ異常で、矯正が必要な状態にあります」

―8割とは、驚きです。

「さらにその傾向は今の子供たちで顕著です。診療していて昔よりも顎が小さく、歯が大きくなっていると感じます。その原因のひとつは給食。柔らかく食べやすいメニューが多く、顎が発達しづらい。もうひとつは離乳食の栄養が良くなっていること。身長が高くスタイルが良くなるのはいいですが、歯も大きくなって顎の骨に並びきれなくなっています」

―子供時代の食生活が歯並びに影響するとは知りませんでした。

「乳幼児の時の母乳の与え方、離乳食の食べさせ方も大事です。授乳の際には乳房を深くくわえさせるようにしましょう。また、離乳食は水分で食べ物を流しこまないように、噛んで飲み込める量をひと口ずつ食べさせましょう。そうしないと、受け口や歯並びがガタガタになったり、噛み合わせが悪くなる原因にもなります」


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16
  • Apr. 9th 2O18  no.15

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.18