週プレNEWS TOP ニュース スポーツ 桜庭和志が“世界初”の格闘技イベントを開催。「僕自身が成長しているからこそやるんです!」

ニュース

桜庭和志が“世界初”の格闘技イベントを開催。「僕自身が成長しているからこそやるんです!」

[2018年04月06日]

NEW

―平日の開催ですし、両国国技館という大会場なので大勝負に出たと思うんですけど、それを最終決断した心境は?

桜庭 決断してないですよ(笑)。

―してない!? 

桜庭 いや、最終的にはそう決まったから決断したのかもしれないですけど、周囲から両国を提案された時は無理だよ~って思いましたよ(笑)。でも、今はやるしかないなって。

―桜庭さんのように実績のある方が今回のような新しい試みに挑戦するのは、かなり心境の変化があったのかなって思うんですけど。

桜庭 いや、特に挑戦だとも思っていないので。

―え?

桜庭 そのままの流れで来ているだけなので。普段、練習でしていることを出せばいいだけの話ですよ。そこも選手それぞれの意識じゃないですか? 極めにいくのか、それとも負けない試合をするのか。それによって会場の沸き方も変わってきますから。

今回は5対5の勝ち抜き戦なので、引き分けは負けと同じで、どんどん消えていきます。自分が勝たなければチームが勝たないルールですから、個人だけの闘いとは違いますよ。

―「チーム5名の合計体重が430kg以下」という規定もありますね。体重制限といえば、最近行なわれたプロボクシング世界バンタム級タイトルマッチは体重オーバーで物議を醸(かも)しましたが。

桜庭 あれは、(体重超過のルイス・ネリに負けた)山中慎介選手はかわいそうでしたよね。

―相手が契約違反しても成立させないといけない責任感があるでしょうから、最後はどうなっても試合をすることになってしまいますもんね。

桜庭 僕もそういう試合を死ぬほどやらされてきましたけどね(苦笑)。

―他人事とは思えないと(笑)。ちなみに20年前、今の年齢になった時のことは想像していましたか?

桜庭 別に何も考えてないです。

―年齢的に「引退」を聞かれることも多いんじゃないですか?

桜庭 引退なんて散々、PRIDEの初期の頃から言われてますよ(苦笑)。その頃から「辞める時は自分で決める」って言ってましたから。なんだか今日の質問は、PRIDEの初期の頃から変わってないですね。

―すみません、聞く側も成長がないですね(苦笑)。

桜庭 僕は成長していますよ。成長しているからこそ、グラップリングの大会をやろうとしているんですから! グラップリングは「地味だ」とか言われることもあるけど、アメリカの「メタモリス」ではお客さんも盛り上がっていました。

日本ではどうなるかわからないですけど、アグレッシブな攻防が見られるルールになっていると思うので、楽しみにしていてください!

桜庭和志クインテット03

(取材・文・撮影/“Show”大谷泰顕)

●「QUINTET.1―Grappling Team Survival Match―」  4月11日(水)両国国技館 17:30開場 18:30開始 詳しくはオフィシャルサイトをチェック!


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018