週プレNEWS TOP ニュース スポーツ 15歳からプロレスひと筋! トップをめざす硬派な女子レスラー・Sareee「全部痛いけど、素晴らしい世界です!」

ニュース

15歳からプロレスひと筋! トップをめざす硬派な女子レスラー・Sareee「全部痛いけど、素晴らしい世界です!」

[2018年04月09日]

NEW

「自分にはプロレスしかない」という硬派な女子プロレスラー・Sareee

十数団体が群雄割拠し、個性あふれる選手たちがしのぎを削る女子プロレス界。人気再燃の気配が漂う中、有望な若手選手を紹介!

15歳からプロレスひと筋! 「自分にはプロレスしかない」という硬派な女子プロレスラー・Sareeeは、プロレス界の頂点を目指している。

―なぜ女子プロレスラーになろうと?

Sareee 小学校1年生の時に井上京子さんの試合を観た瞬間、プロレスラーになりたいと思ったんです。それからはDVDを毎日観てプロレス雑誌を読んで、土日は必ずプロレス観戦で。中3の夏に井上京子さんの元で練習を初めて、中学校を卒業してすぐディアナの旗揚げと同時にデビューしました。

―印象に残っている試合は?

Sareee 3周年の時に初めて井上京子さんとやった試合です。井上京子さんは今も憧れる気持ちもありますけど、いつしか越えなきゃいけない壁だと思うようになって、今は「越えてやる」という気持ちのほうが大きい。今度また井上京子さんのベルトに挑戦するので、7周年目の今年は結果を残したいです。

―今まで受けて一番痛かった技は?

Sareee プロレスだから全部痛いですよ! 痛いのもケガをするのも当たり前だし、ケガをしないようにトレーニングをするだけですね。それよりも、ケガで試合に出られない時のほうが辛いです。鎖骨を折ってしまった時は全治1年半だと言われて…。でも手術したら大丈夫だと言われたので、2ヵ月半ぐらいで復帰しました!

―すごい根性! お客さんの声はリングでも聞こえる?

Sareee 集中していて聞こえない時もありますけど、結構聞こえてます! 応援してくれる方がいるので頑張れます!


週プレ グラジャパ!
週プレモバイル

ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018