週プレNEWS TOP 連載コラム セルジオ越後のサッカー「一蹴両断!」 浦和の低迷で「その場しのぎにもほどがある」とセルジオ越後。中途半端なフロントの責任とは…

連載コラム

浦和の低迷で「その場しのぎにもほどがある」とセルジオ越後。中途半端なフロントの責任とは…

[2018年04月12日]

首をひねりたくなる補強が目立つと語るセルジオ越後氏。

昨季アジア王者の浦和が苦しんでいる。リーグ第5節終了時点で勝ち星がなく、早くも堀監督を解任した。

不振の理由はひとつではないけど、今年1月の始動直後にラファエル・シルバを中国のチームに引き抜かれたのが大きい。昨季のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)優勝の立役者であり、個の力で局面を打開でき、得点もアシストもできる彼が抜けたことで、もうひとりの得点源である興梠(こうろき)が前線で孤立。チームとしてどうやって点を取るのか、今は攻撃の形が見えない。

堀監督は昨季途中にコーチから監督に昇格。低迷していたチームを立て直し、10年ぶりのACL優勝を達成した功労者だ。でも、元々“つなぎ”役だったわけで、昨季もACLこそ制したものの、リーグ戦、天皇杯での戦いぶりはパッとしなかった。優勝候補の一角が開幕から5試合未勝利では解任もやむをえない。浦和の判断はプロのクラブとして当然だ。

ただし、ほとんどの浦和サポーターは、不振の責任が堀監督だけにあるわけではないことに気づいているし、誰も納得していないだろうね。浦和の問題はやはりフロントにある。

ここ数年、毎年のように他チームの主力、特に若手選手を複数獲得しているけど、結局、交代も含めて試合に出ているのは同じメンバーばかり。縄張りができているというか、チームがマンネリ化している。どういう意図があって獲得したのか、本気で戦力になると思って獲得したのかと首をひねりたくなる補強が目立つ。

今季もリオ五輪代表のDF岩波を獲ったけど、ほとんど出番がない。監督が代わっても同じことを繰り返しているのだから、これはフロントの中途半端な仕事の結果だと思うし、責任もそこにある。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • May 14th 2O18  no.19・2O
  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.19&20