週プレNEWS TOP ニュース スポーツ スカウトたちが注目していたのは東邦だった? 夏の100回大会で大阪桐蔭の脅威となるのは…

ニュース

スカウトたちが注目していたのは東邦だった? 夏の100回大会で大阪桐蔭の脅威となるのは…

[2018年04月13日]

NEW

大阪桐蔭の優勝で幕を閉じた“センバツ”春の甲子園。

「史上最強」との前評判も高かった大本命、大阪桐蔭の優勝で幕を閉じた今年の“センバツ”春の甲子園。

結果的にその評判通り、高校野球史にその名を刻む史上3校目の大会連覇となり、初導入された話題のタイブレークこそ実現せずに終わったものの逆転勝ちや延長戦、サヨナラ本塁打と熱戦、接戦の連続に平成以降、最多となる観客54万人を動員する盛り上がり。

早くも次は、夏にやってくるメモリアルな第100回大会を見据え、大阪桐蔭の強さは本物か、敗れ去ったライバル校の本音は――前編記事に続き、現場での取材を終えた恒例の座談会メンバーが大会を総括!

A:スポーツ紙アマチュア担当記者 B:高校野球ライター C:高校野球専門誌編集者

* * *

 決勝戦で根尾(昴、あきら)を打ち崩せずに準優勝に終わった智辯和歌山ですが、かつて甲子園を席捲してきた強力打線が復活しましたね。準々決勝(対創成館)で5点差をひっくり返して延長10回、11-10のサヨナラ勝ち。準決勝(対東海大相模)では1試合の中で4点差と5点差を二度逆転して、やはり延長10回の末に12-10で勝ち、とんでもない粘りを見せて“挑戦者決定戦”の山を勝ち抜き、大阪桐蔭への対戦切符を手にしました。

 準決勝で敗れた東海大相模の門馬敬治監督が試合後、智辯和歌山の打者が空振りした後に尻もちをつくようなフルスイングをしているのを見て「背筋が寒くなった」と漏らしていました。あれだけポテンシャルの高い打者にしっかり振ってこられたら、そりゃ投手は怖いですよ。金属バットですから、ちょっとでも甘いコースに入ったら簡単に外野の頭を越される。智辯和歌山の場合はリードされた場面でもそれを徹底しているのが「強力打線」たる所以(ゆえん)でしょうね。

 ただ、2試合連続の大逆転勝ちも裏を返せば2試合連続ふた桁失点。さすがに打たれすぎですよ。大阪桐蔭の柿木や根尾とは言わないまでも、そこまで他校に見劣りするような投手陣ではないんですけどね。準決勝で初回からリリーフしたエース・平田龍輝が180球を投げていましたから、決勝戦はもう失点の計算が立たなかったでしょう。4回表に2点先制した時にも「このまま終わるわけがない」と観ているほうも思いましたし。

 良くも悪くも高島仁監督のチームだよ。準決勝なんか、イニング前の円陣で失点に繋がる配球ミスをしたキャッチャーにスタンドまで聞こえるような怒鳴り声上げてたもんな。「これで負けたら、帰ってシゴキやぞ!」って(笑)。もうすぐ72歳、元気だよなぁ。

でも、相変わらず守備や走塁の細かいミスが多すぎる。そのあたりが大阪桐蔭との差になっている気がするな。昨年から春の近畿大会、夏の甲子園、秋の近畿大会と3季連続で敗れ、これで4連敗か。試合後に高嶋監督が夏のリベンジを宣言していたけど…まぁこんなこと言ったら怒られるけど、夏に対戦しても同じ結果じゃないか。このままでは今年のチームの勝負付けはこの決勝戦で終わった気がする。

 むしろ東海大相模のほうが夏に対戦したら「もしかしたら」という雰囲気はありましたね。初戦(2回戦)で聖光学院(福島)、続く3回戦で静岡と各地区大会の優勝校を大差で一蹴した試合ぶりには「これは大阪桐蔭より強いかも」という声も挙がっていましたから。ただ誤算は怪我から復帰したエース・斎藤礼二が本来の出来から程遠かったことでしょう。主砲の森下翔太外野手や今大会で2本塁打の渡辺健士郎内野手を中心とした打線は見劣りしませんから。夏までに斎藤が復調することが絶対条件になりますね。

A 今年の夏は記念大会で神奈川は代表2校だから、東海大相模は横浜高校とは戦わなくていいんだよな?

 南北でブロックが分かれることになりそうです。もし東海大相模と横浜が揃って出場することになったら、春夏連覇を狙う大阪桐蔭にとっては脅威でしょうね。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • May 14th 2O18  no.19・2O
  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.18