週プレNEWS TOP ニュース エンタメ 話題の『やれたかも委員会』で佐藤二朗×山田孝之が語るーー“やれた・やれてない”の先にある「愛」

ニュース

話題の『やれたかも委員会』で佐藤二朗×山田孝之が語るーー“やれた・やれてない”の先にある「愛」

[2018年04月24日]

『やれたかも委員会』で委員会メンバーを演じる佐藤二朗さんと山田孝之さん

吉田貴司原作の人気コミックス『やれたかも委員会』がドラマ化、4月24日より(深夜1:28~、TBSほか)放送開始となる。

このドラマは、「やれたかも委員会」という組織を訪れた相談者が「あの時、もしかしたら“やれてた”かもしれない」という、青春の甘い想い出とひと言では括(くく)れない忘れがたきエピソードを語り、「やれた」「やれたとは言えない」を判定してもらうという、かなり異色の作風となっている。

今回、そんな『やれたかも委員会』の委員会メンバーで出演するのは、佐藤二朗(能島譲)、白石麻衣(月綾子)、山田孝之(オアシス)という個性豊かな3人。それぞれ、かなり濃いキャラクターを演じている。

そこで、『勇者ヨシヒコ』などでも息の合った演技を見せていた実力派俳優のおふたり、佐藤二朗さんと山田孝之さんを直撃! 作品について、また“やれた・やれたとは言えない”の先にある「愛」についてまでを聞いてみた!

―作品を観させていただいてすごく面白かったのですが、同時に「やれた」「やれたとは言えない」を判定するというかなり変わった作品でもありますよね。出演のオファーを受けた時の印象は?

佐藤 最初は「おぉ、孝之出るんだ、出る出る!」という感じです。

―最初は、山田さんと共演できるなら!と。

佐藤 そうです。それから原作を読んで、面白い目の付けどころだなと思って。ちょっと他にない感じの作品になるんじゃないかなと。

―では、山田さんが出演を決められた理由は?

山田 「あ、二朗さんが出るならやります」って。

―(笑)相思相愛ですね!

山田 それで僕も原作読んだら面白いし、これは広げていろんなパターンができるやつだなぁって。あと、単純にセリフ多いなって思いました(笑)。

「やれたかも委員会」の様子。手前から白石麻衣(月綾子)、佐藤二朗(能島譲)、山田孝之(オアシス)

「やれたかも委員会」の様子。手前から白石麻衣(月綾子)、佐藤二朗(能島譲)、山田孝之(オアシス)

―確かに、セリフは多いんですけど、逆に無言で演じる部分も多かったりと。大変そうだなという印象を持ちました。演じる上で、意識されていることはありますか?

佐藤 最初に山口監督から言われたんですけど、ちょっといつものコミカルな演技は封印して、相談者に真剣に寄り添ってほしいって。なので、命がけといったらオーバーですけど、本気で相談者に寄り添って、真剣に判定しようとしてる人を誠実に演じることだけに集中してます。

そういう意味では、聞いてるリアクションも能島的には大事なことで「細部まで漏らさず聞こう」という芝居をしています。

山田 能島さんはどちらかというと相談者に肯定的で、月綾子は否定的。そんな中で僕の演じるオアシスは中立でなくてはいけないんです。でも、キャラクターの気持ち的には能島のほうに流れそうになるんだけど、そこを抑えて距離を保とうとする感じが伝わるように心がけてました。

sato×yamada0046


週プレ グラジャパ!
週プレモバイル

ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 11th 2O18 no.24
  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.24

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018