週プレNEWS TOP ニュース ライフスタイル 専門医はたった1千人だけ! 痛みを伴わない“サイレントキラー”歯周病の恐ろしさ

ニュース

専門医はたった1千人だけ! 痛みを伴わない“サイレントキラー”歯周病の恐ろしさ

[2018年04月28日]

歯周病のセルフチェック。6つ以上当てはまる場合は、歯周病の可能性が!

歯が悪いと健康に悪影響を与えるのはなんとなく想像できる。きちんと噛まないと胃腸にも負担がかかりそうだからだ。しかし、それでも普通、ケアしているのは虫歯ぐらいでは? そうでなければ、なかなか歯科医に行かないのが現状。

そこで、様々な病気の原因にもなりうる、実は怖い病気「歯周病」について調べてみた。

■進行具合によっては抜歯するしかない

10代や20代の頃と比べ、「歯と歯の間に食べたものが挟まることが増えた」と感じている人はいないだろうか。「いつの間にか食後のつまようじが欠かせなくなった」とか。なかには「朝起きると歯茎から血が出ている」なんて読者もいるのでは? もし、そうだったら真っ先に疑うべきが“歯周病”だ。

厚生労働省が発表している「歯周病にかかっている人の年代別の割合」の表を見ると、特に30代から歯周病にかかる人が増えているのがわかる。しかも25~44歳あたりが、平成23(2011)年の調査に比べて平成28(2017)年は歯周病にかかっている割合がグンと伸びている。今や「成人の8割が歯周病」というデータもあるほどだ。

歯周病表

歯周病にかかっている人の年代別の割合

そこで、そもそも歯周病とはどんな病気なのか? 日本大学松戸歯学部歯周治療学講座教授で、日本歯周病学会の副理事長でもある小方頼昌(おがた・よりまさ)先生に聞いた。

「歯周病とは、歯と歯茎の間の溝(歯周ポケット)に歯周病原菌が感染することで引き起こされる炎症性疾患です。虫歯は歯の表面や歯そのものが破壊されてしまう病気ですが、歯周病は進行すると歯の土台となる骨から破壊されてしまいます。ですから、歯周病を放置しておくと最終的には抜歯しなければならない場合もあります」

歯周病は、その進行具合によって、さらに“歯肉炎”と“歯周炎(歯槽膿漏[のうろう])”に分かれるという。歯肉炎は、歯周病としてはまだ軽度の状態で、“歯肉が赤く充血して腫れる”“時々血が出る”などの症状が出る。

それが進行すると歯周炎と呼ばれる状態となり、“歯磨き時にいつも血や膿(うみ)が出る”“歯肉が赤紫色になり、触るとぷよぷよする”などの症状が出てしまう。この段階まで進行すると、歯茎に痛みがあったり、歯がグラつくなどの症状も出てくる。これは、歯の土台となる骨が溶け始めている証拠なのだそう。

「虫歯と違い、なかなか痛みを伴わないため、自覚症状を持ちにくいのが歯周病の特徴です。それがこの病気が“サイレントキラー”(静かなる殺し屋)と呼ばれるゆえんです」

まさに口内で静かに進行していく恐ろしい病気なのだ。では、その原因となる細菌はどうして増えてしまうのだろう。少なくとも社会人であれば、出社前には毎日歯を磨いているし、寝る前にも磨いているはずだが。

「歯周病などの原因になる細菌のことを“プラーク(歯垢)”といいます。このプラークは、しっかりと歯を磨いたつもりでも、歯と歯の間や歯と歯茎の間にどうしても残ってしまいます。それが歯周ポケット(歯と歯茎の間にできる溝)にたまり、増殖すると、さらに歯周ポケットを深くしたり、歯を支えている土台の骨を溶かしてしまう。

歯周ポケットの溝の深さが4mm以上になっていることが歯周病のひとつの目安です。そうなってしまうと歯茎から出血したり、歯がグラグラするなどの症状が出てきます。歯周病になると口臭がひどくなったりもしますが、それもこのプラークが増殖していることが、ひとつの原因です」

急に口臭が気になり始めたなどの変化があれば、それも歯周病の兆候なのだ。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018