週プレNEWS TOP 連載コラム 古賀政経塾!! 野田聖子“女性活躍担当相”に期待…セクハラ告発の女性記者を守るのはあなただ!

連載コラム

野田聖子“女性活躍担当相”に期待…セクハラ告発の女性記者を守るのはあなただ!

[2018年04月28日]

「告発した女性記者が孤立したり、二次被害を受けないよう、自分が責任者となって、しっかり擁護してほしい」と野田総務相に期待する古賀茂

福田淳一財務次官が複数の女性記者に、セクハラ発言を繰り返した問題。

『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏は、野田聖子総務相に被害女性の後ろ盾になってほしいと期待を寄せる。

* * *

野田聖子総務相に期待したいことがある。それはセクハラ被害を受けた女性の擁護者になってほしいということだ。

福田淳一財務次官が複数の女性記者に対し、セクハラ発言を繰り返した事件で、財務省は4月16日、報道各社に驚くような要請をした。福田次官がセクハラ行為を否定していて事実確認ができないので、本当にそのような女性記者がいるのか、調査してほしいと申し入れたのだ。

そして4月18日、福田次官は辞意を表明。その深夜、テレビ朝日がセクハラを受けた記者の中に自社の女性社員がいたと発表した。当該社員が受けたセクハラ被害について、財務省に抗議するとともに、その女性の人権を徹底的に守っていくとし、同時に「取材活動で得た情報を第三者に渡したことは報道機関として不適切だ」とも述べた。

とにかく、女性記者は被害者である。実名や顔写真などが出回るような二次被害を彼女が受けることは、絶対に避けなければならない。

しかし、ここで改めて考えなければいけないことがある。

官邸詰めの記者や警察回りなど、以前なら男性記者が担当していた分野に、最近は女性記者がたくさん進出している。それ自体は好ましいことなのだが、手放しでは喜べない面もある。

なぜなら、その根っこには「女を武器にしてでもネタを取ってこい」というマスコミの“体育会体質”があるからだ。

そもそも、どうして“財務次官のセクハラ”というスクープを自社に渡さず、週刊誌に持ち込んだのか? これは自社で報道しようとしても、握りつぶされると危惧したからだ。

テレ朝の報道局長ら幹部は、官邸からの圧力を受けたときに、それを隠した過去がある。そんな人たちが女性記者を「徹底的に守る」と言っても誰が信じるだろう。テレ朝は、女性記者が新潮に音源を渡したことを批判しているが、これもとんでもないことだ。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018