週プレNEWS TOP ニュース 政治・経済 「アンタ、最後は潰されるよ」ーー奈良県宇陀市議会で“村八分”にされた議員はまるで冤罪被害者?

ニュース

「アンタ、最後は潰されるよ」ーー奈良県宇陀市議会で“村八分”にされた議員はまるで冤罪被害者?

[2018年04月29日]

議会から“村八分”にされた勝井太郎宇陀市議(39歳、無所属)。地元のタクシー運転手に話を聞くと「勝井さんは、ここではちょっとしたスターなんです」と言うほど、住民からの人気は高いらしい

相次ぐ公文書の改竄・隠蔽によって激しい批判を浴びている安倍政権。しかし、地方議会に目を向けると、もっとヤバイ腐敗が起きていた!

奈良県北東部に位置する宇陀(うだ)市の市議会で、大勢の議員がグルになって、ある議員の口封じをしているというのだ。週プレは早速、現地で関係者に直撃取材を敢行! すると事態は思わぬ方向に転がって…?

■「これが冤罪被害者の気分なのか」

奈良県宇陀市議会(定数14・欠員3)が「村八分」騒動で揺れている。

市の公共事業に関する入札のあり方に疑問を突きつけた勝井太郎宇陀市議(39歳、無所属)に対して、議会が激しく反発。2度にわたる辞職勧告決議が可決されたばかりか、3月末の本会議では8人の議員が欠席して延会となり、勝井市議の質問が封じられるという事態になっているのだ。

近畿大学卒業後、AIGエジソン生命勤務などを経て、勝井市議が市議選に初出馬したのは2010年のこと。

「この選挙で勝井市議はトップ当選を果たしています。4年前の市議選でも2位当選。39歳と市議の中で最も若いことから、将来の宇陀市長候補と嘱望されていたほどでした」(地方紙記者)

そのスター市議が議会から辞職を迫られ、質問も許されない状況に追い込まれるとは―いったい、何があったのか? 宇陀市に飛び、勝井市議を直撃した。

きっかけは昨年12月9日、勝井市議がフェイスブックに投稿した一文だった。その4ヵ月前の17年8月、宇陀市榛原(はいばら)総合センターの大規模改修工事の入札が開札され、予定価格の94・3%となる1億8360万円で落札された。

ところが、それから3ヵ月後の12月に突然トイレの追加改修工事話が持ち上がり、市が議会へ承認を求めてきたのだ。実はこの承認に先立ち、9月の議会ではこんなやりとりが交わされていたという。

某市議「追加工事があるなら、説明してほしい」

市担当課長「安易な追加工事は慎まなければならないが、大規模にならない範囲で財政当局と相談したい」

勝井市議がこう言う。

「このやりとり、おかしくありませんか? この時点で総合センターの建設はまだ仮契約の段階。なのに、わざわざ議員が追加工事について質問し、市が追加工事の検討を認めるような発言をしている。双方がただの思いつきでしゃべっているとはとても思えません。

市から事前に追加工事の予定が外部に漏れていると考えるのが自然でしょう。入札前に工事予定の情報が漏れ、そこで裏条件があって入札前に落札企業が調整されていたとすれば、官製談合を疑われても仕方ありません」


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018