週プレNEWS TOP 連載コラム "本"人襲撃 “日本が中国に完敗した今、全てのオッサンに言いたい”…で大反響の26歳・ゲーム批評家 「同世代の意見を代弁するつもりで書いたわけではない」

連載コラム

“日本が中国に完敗した今、全てのオッサンに言いたい”…で大反響の26歳・ゲーム批評家 「同世代の意見を代弁するつもりで書いたわけではない」

[2018年05月08日]

「バブル崩壊後に生まれた僕にとって、経済成長真っただ中の中国の活気や将来に希望を抱いて生きる中国人の若者たちが非現実的に思えた」と語る藤田祥平氏

昨年12月、ネット上に「日本が中国に完敗した今、26歳の私が全てのオッサンに言いたいこと」という記事が掲載された。

20代の若者が中国のバーチャル・リアリティ市場を調査するために現地を訪れたところ、その活気にあふれた様子に衝撃を受け、若者たちを搾取し続ける日本のオッサンたちに苦言を呈したこの記事は、同世代の圧倒的な共感と、中高年世代の反感を背景に、10日間でフェイスブックの「いいね」が2.7万件に達するなど、大きな反響を呼んだ。

この記事を執筆したのが、文筆家でゲーム批評家の藤田祥平氏だ。彼は最近、小説『手を伸ばせ、そしてコマンドを入力しろ』(早川書房)を上梓(じょうし)した。ゲームにのめり込むあまり高校を中退し、日本代表のゲーマーとして戦った自身の過去が、ゲーム的な非現実を交えながら描かれている。

平成生まれの異色の文筆家は何を考え、どう生きようとしているのか。創作や思考の原点に迫った。

* * *

―ネット記事、すごいバズってましたね。

藤田 もともとあれは、『現代ビジネス』の片隅にちょろっと出して、忘れ去られてくれればいい、というくらいの軽い気持ちで書いたものなのですが、朝起きたらすごいことになっていまして。普段ネットをほとんど見ない、実家で車屋をやっているうちの父親から、「祥平、おまえなんか載ってるやんけ」と久しぶりに連絡があったほどです。

でも正直なところ、ご感想があまりにも膨大で、なおかつ濃いものが多かったので、途中で読むのを諦めてしまいました。ちなみにタイトルや見出しは編集者の方がお考えになられたもので、そうやって話題をつくったわけですから、編集者さんには「さすがプロやなあ」と感心しましたね。

―若者世代からは「よくぞ言ってくれた!」という意見も多い印象でした。

藤田 同世代の意見を代弁するつもりで書いたわけではないんです。ただ、僕らの世代って生まれてからずっと不景気なんですよね。そういう気持ちが背景にあって、中国に行ってわっとなって書いたのがあの記事なんです。もともと、自分はプロフェッショナルの記者として原稿を書く能力が低いといいますか…。ゲームとか小説とか、興味のある題材のほうが筆が乗るタイプなんです。

―今回書かれた小説の前半の多くがPCゲーム『ウルフェンシュタイン』について。これってどんな作品なんですか?

藤田 もともと1981年から出ている人気シリーズで、主人公のアメリカ軍人が、ナチスと戦うという内容です。僕がやっていた『エネミーテリトリー』はそのなかでも少し特殊で、フリーゲームでありながら、ユーザーが機能を拡張して遊べたんです。

ユーザー同士がコミュニティをつくり上げてプレイしているうちに、「こんなルールおかしいやろ」「ならこのルールで」と議論が進んで、だんだんと洗練されていった。実際、そこでのルールが公式に採用されたりして。『エネミーテリトリー』は通算プレイ時間が出ないタイプのゲームだったのですが、1日最低5時間として、5年はやっていたから……合計1万時間くらいはやっていますね。

―結果、高校を中退されたそうですけど、ゲームにのめり込んだのは学校に不満があった?

藤田 無意識のうちに「あんまりこのルールは良くないな」と、ゲームの延長線上じゃないですけど、学校というシステムに感じていたのかもしれませんね。僕は「ゲームとは、システムの芸術である」と考えています。

どんなゲームでも一定のルールがあり、それに対してプレイヤーはいかにうまく入力を行なっていくかを競う。でも、現実はそんなふうにわかりやすくはできていない。そうやって多くのゲームに触れているうちに、社会に存在する様々なルールへの、批判的な視点が培われてきたのかもしれません。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018