週プレNEWS TOP ニュース 社会 世界に数例…ヒツジのハイブリッド種「ギープ」が“うどん県”でぽこぽこ誕生していた!

ニュース

世界に数例…ヒツジのハイブリッド種「ギープ」が“うどん県”でぽこぽこ誕生していた!

[2018年05月09日]

NEW

状況的にほぼギープなダニエル。その毛は明らかにヤギのものではない

「オスなのに乳を出す奇跡のヤギを発見!」

そんなスクープを『週刊プレイボーイ』本誌が伝えたのは17年6月のこと。

その大発見の立役者となった兵庫県淡路島在住の山崎博道獣医師から再び、こんな仰天情報が――。

「週プレさん、えらいことです! 世界に数例、日本でもこれまで1例しか確認されていないヤギとヒツジのハイブリッド種、ギープ(goat×sheep)らしき動物が、四国でイッキに3頭も見つかったんです!」

* * *

生物学では属の違う動物同士が交配しても、赤ちゃんは生まれないか、生まれても死産になるとされている。

ヤギは「ウシ科ヤギ亜科ヤギ属」、ヒツジは同じ「ウシ科ヤギ亜科」ではあるが、その中の「ヒツジ属」に属している。つまり普通に考えれば、この両者から子供が生まれることはない。もし、この3頭が本当にギープだとすれば遺伝学を塗り替える世界的発見となるかもしれない!

というわけで記者は山崎獣医師と一緒に、3頭のギープとみられる生物が飼育されている香川県東かがわ市の「しろとり動物園」を訪ねた。

園に到着すると、飼育員の中村李歩さんが早速、3頭のところに案内してくれた。名前はダニエル、ニコ、ジョー。3頭とも昨年11月から12月にかけて、それぞれ違う母ヤギから生まれた。

ハッキリ言って外見は3頭ともヤギだ。だが、中村さんに促されて体毛を触ってみて驚いた。ヤギの毛は細い針金のように硬い直毛と決まっているが、3頭はいずれもふわふわとした縮れ毛なのだ。特にダニエルの体毛はやわらかく、手のひらで押すと手形がきれいに残ってしまうほど。

中村さんが笑う。

「ねっ、ヤギと全然違うでしょ。ヒツジのように全身の毛がやわらかくて、くるくると巻いていて。ダニエルは生まれたときからこんな感じでした」

だが、中村さんはダニエルのこの体毛を特に不思議とは思わなかったという。

「実は私、昨年採用されたばかりの新人飼育員で、属の違うヤギとヒツジの間に赤ちゃんは生まれないという定説を知らなかったんです。ダニエルが生まれたとき、母ヤギのミルキーがいたのは、ヤギとヒツジが一緒に飼われていた円形の柵内。その中で、メスを妊娠させる可能性のあるオスは、ヒツジのハッチ1頭だけでした。

だからなんの疑いもなくダニエルは雌ヤギのミルキーと雄ヒツジのハッチの間に生まれた赤ちゃんで、ふわふわとした体毛はお父さんから受け継いだものと考えていたんです」


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25
  • Jun 11th 2O18 no.24

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】小倉優香、タイで見せた新しい顔。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.27