週プレNEWS TOP ニュース スポーツ “最強の市民ランナー”川内優輝が語る、奇跡のボストン優勝「人が考えていないことをやると、みんな混乱するものです」

ニュース

“最強の市民ランナー”川内優輝が語る、奇跡のボストン優勝「人が考えていないことをやると、みんな混乱するものです」

[2018年05月17日]

ボストン・マラソンでは厳しい冷え込みと大雨、強風という最悪のコンディションをものともせず、世界を驚かせた川内優輝

4月16日、世界6大マラソンのひとつで「ワールド・マラソン・メジャーズ」のボストン・マラソンを川内優輝(31歳)が制した。日本勢としては1987年大会の瀬古利彦以来、実に31年ぶりの快挙だ。

そして、公務員としてフルタイムで働きながら多くのレースに参加する異色のスタイルで注目を集めてきた彼は、ボストンの優勝賞金15万ドル(約1600万円)を手にした勢いそのまま、来春に埼玉県庁を退職してプロに転向する意向を表明した。

今年のボストン・マラソンは強い雨風に加えて、スタート時の気温が3.3℃という季節外れの寒波に襲われ、最悪のコンディションのもと行なわれた。

そんななか川内はタイムこそ2時間15分58秒と平凡だったが、昨年の世界選手権王者ジェフリー・キルイ(ケニア)、同銀メダルのタミラト・トラ(エチオピア)、リオ五輪銅メダルのゲーレン・ラップ(アメリカ)ら例年以上に集まった世界の強豪を差し置いて、誰も予想していなかった優勝を遂げたのだ。

奇跡はなぜ起きたのか? また、“市民ランナーの星”はなぜ突然のプロ転向宣言をしたのか? 本人を直撃した。

* * *

―正直に言えば、レース前に川内選手の優勝は想像できませんでした。ご自身ではどれくらいチャンスがあると思っていたのですか?

「ボストンに行く前は、私も優勝の可能性は0%だと思っていました(笑)。ただ、ボストンに入ってから日に日に気温が下がっていくなか、前日には1%くらい可能性があるんじゃないかと思えるようになったんです。私は暑いのは苦手ですが、雨のレースは得意。

2010年の東京マラソンで当時の自己ベストを約5分更新し、13年の長野マラソンでは日本人初優勝、さらに16年チューリヒ・マラソンでは海外マラソン初優勝と、いずれも雨や雪だったレースで結果を出してきましたから。今年1月にもマイナス17℃という極寒のマーシュフィールド・ニューイヤーズデイ・マラソンを走っています。ほかの選手はそんなレースを経験していないでしょうし、その差が出たのかなと思います」

簡単にレースをふり返る。スタート直後から川内は、現地中継の実況アナウンサーが「ペースが速すぎる。必ず失速する」と思わず嘲笑してしまうほど思い切り飛び出した。5km過ぎで先頭集団に吸収されるも、その後は25km付近でスパートしたキルイを追った。

35km地点でキルイとの差は1分31秒まで開いたが、そこからがまさに“川内劇場”。驚異の粘りを見せ、40km過ぎで足が止まったキルイをとらえると、大歓声のなかトップでテープを切った。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 11th 2O18 no.24
  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018