週プレNEWS TOP 連載コラム 旅人マリーシャの世界一周紀行 『Blue Hunter』 旅人マリーシャの世界一周紀行:第186回「ラマダン開始! 男だらけの国・クウェートで禁欲中の“迷える旅人”」

連載コラム

旅人マリーシャの世界一周紀行:第186回「ラマダン開始! 男だらけの国・クウェートで禁欲中の“迷える旅人”」

[2018年06月14日]

クウェートのスーク街で見つけた壁。クウェート旅の中で一番お気に入り

ドバイの居心地が良くなってきて、こりゃ延泊決定だなと思ったら、あらま。その日の宿は満員だとさ。

これは神様のお告げだなと、別の国へ出かけることにした。

「そうだ、クウェート行こう」

私の頭の中には、かの有名なJR東海のCM曲の代わりに、アザーン(イスラム教の礼拝の呼びかけ)が流れ始めた。

クウェートは厳格なイスラム国のひとつで、ここもまたオイルマネーで潤ったリッチな国ではあるが、見どころはあまりない。ドバイからは空路となり、交通費が高くつく上に安宿などなく、ホテル宿泊しか選択肢がないのは旅人にはツライとこ。宿で出会った多国籍な旅友たちにも「何しにいくの? なんで行くの?」とめちゃめちゃ不思議がられた。

旅人があまり訪れないということは、つまり情報も少ない。唯一、手に入った情報といえば、“もしかしたら安宿があるかもしれない”ということと、厳格なイスラム国であるため街中で女性がひとりで歩いていることなどないという、男だらけの国”だってこと。

さらに、この日をきっかけにラマダン(イスラム教における聖なる月)がスタート。世界中のイスラム教徒は日没まで一切の欲を禁じなければならず、飲み食いもしてはいけない“禁欲月間”! そんなところへ飛び込んでしまって、果たして大丈夫だろうか?

「なんか怖くなってきた。やっぱり、行くのやめようかな…

勢いで航空券を買ってしまったが、後から緊張がこみ上げ、ご飯も喉を通らない。私の身体は確かに出発を拒んでいたが、迷っているうちに出発の時間は来てしまった。

覚悟を決めた私はドバイの空港から真っ黒の洋服に身を包み、黒いショール(友人の結婚式の時に肩にかけていたやつ)を頭に巻いて、せめてそれらしい格好をすることに努めた。

ドバイ空港で出国前の私。なかなか様になってるでしょう?

ドバイ空港で出国前の私。なかなかサマになってるでしょう?

この時は怖くて仕方がないという気持ちが80%、未知の国へ向かうワクワクが20%。恐怖と好奇心が混ざり合ったおかしな感覚であったが、そんな私の緊張を解いてくれたのは、今回搭乗するエミレーツ航空

数々の飛行機に乗ってきた中でも一番好きな航空会社で、CAさんは美人でコスチュームもオシャレ! エコノミーでもゆとりのある座席に思わずテンションが上がる。深夜便だったし、明日からは精神力も体力も使うだろうから機内で睡眠をとろうと思っていたのだが、最新の映画も揃っていたためにまさかの映画鑑賞に現(うつつ)を抜かしてしまった。

そしてクウェートの空港に着くと、そこは思ったよりも大きな空港で快適。椅子もズラっと並んでいて電源もあるので、私はスマホを充電しながら朝が来るまで眠りこけた。

そして朝が来た――。空港を出るのは怖かったが、アライバルビザの手続きをしたら、すぐに市内行きのバスがあったので飛び乗り、いよいよラマダン中のクウェートの旅の始まりだ。

クウェート空港で空港泊

クウェート空港で空港泊

旅人ならわかるはず! 未知の国で空港からすぐに市内行きバスがあるのはとってもありがたい!

旅人ならわかるはず! 未知の国で空港からすぐに市内行きバスがあるのはとってもありがたい!

ちゃんとチケットもくれる明瞭会計のバス。お釣りは1/2や1/4と書かれた珍しい紙幣!

ちゃんとチケットもくれる明瞭会計のバス。お釣りは1/2や1/4と書かれた珍しい紙幣!


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 9th 2O18 no.28
  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】小倉優香、タイで見せた新しい顔。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.27