1995年8月30日生まれ、東京都出身。慶應義塾大学文学部を卒業し、2018年に日本テレビに入社。公式プロフィールによると「カードマジックが好きで、カバンにはいつもトランプが入っている」とのこと。今はサーフィンに挑戦中
日本テレビの新人アナといえば、元乃木坂46の市來玲奈(いちき・れな)アナばかりが注目されているが、もうひとりの岩田絵里奈アナも将来性豊かな逸材だ。

9月17日から『世界まる見え!テレビ特捜部』の担当となり、新人とは思えないほど落ち着いた進行を見せた。

「彼女は取材で『同級生とかに市來じゃないほうってイジられます』と笑いながら話していましたが、経歴でいえば彼女も負けていないんです。中学生の頃から芸能活動をしていて、ドラマにも何本も出演していた。ちなみに学生時代には、運営団体の不祥事で中止になった『ミス慶應2016』のファイナリストに選ばれていて、ミスの本命でした」(日本テレビ関係者)

また、彼女は出演番組で芸達者ぶりを発揮して、出演者たちを驚かせた。『今夜くらべてみました』に出演した際には、特技のモノマネとマジックを披露。

「『クレヨンしんちゃん』のモノマネをしながらマジックをするというものだったのですが、最初、出演者はみんな『素人がやることだから』と軽く見ていたんです。けど、実際にやってみたら完成度が高く、絶賛に変わりました(笑)。マジックに関しては、学生時代に教室に毎週通っていたらしい。のめり込む性格なので、興味があることはとことん突き詰めてしまうそうです」(テレビ誌記者)

ルックスは抜群で、バラエティ受けしそうなタレント性もある。来年の今頃は、市來玲奈アナをしのぐ人気を獲得しているかもしれない。

★『女子アナ㊙ジャーナル』は毎週日曜日更新!★

serial_announcer.jpg