3月27日、1stシングル『キュン』で単独デビューしたアイドルグループ、日向坂46(ひなたざかふぉーてぃーしっくす)。

彼女たちは、それまでの約3年半に渡って、けやき坂46(ひらがなけやきざかふぉーてぃーしっくす/通称"ひらがなけやき")というグループ名で活動してきたという経歴を持つ。

当初は"たったひとりのアイドルグループ"として結成され、予測のつかない道を歩みながら今回の改名・デビューにまで至った彼女たち。『週刊プレイボーイ』では、その数奇で困難な道のりを描いた「けやき坂46ストーリー」を連載し、好評を博した。

そこで、今回の日向坂46のデビューのタイミングに合わせて、「けやき坂46ストーリー」を「日向坂46ストーリー」と改題し、全話を特別に順次公開する。

これは、日向坂46に至るまでの長い長いプロローグであり、夢を追う少女たちの真実の物語である。

***

■第一文字「ひとりぼっちのアイドルグループ」(3月25日更新)

■第二文字「初めて仲間になれた日」(3月25日更新)

■第三文字「影山優佳の"2度目"のオーディション」(3月25日更新

■第四文字「ひらがなけやき」(4月1日更新)

■第五文字「涙の理由を誰も知らない」(4月1日更新)

■第六文字「お披露目と初単独イベント」(4月1日更新)

■第七文字「照明も当たらないアイドル」(4月8日更新)

■第八文字「笑顔の向こうに」(4月8日更新)

■第九文字「もうみんなで辞めよう!」(4月8日更新)

■第十文字「私たちの目標」(4月15日更新)

■第十一文字「立てなかった最後の挨拶」(4月15日更新)

■第十二文字「駆け抜けた夏」(4月22日更新)

■第十三文字「"ハッピーオーラ"の力」(4月22日更新)

■第十四文字「初めてのドラマ」(4月22日更新)