33歳・処女のOLが主人公という異色の恋愛マンガ『きょうは会社休みます。』(小社刊)が、綾瀬はるか主演でドラマ化されると発表された(放送は10月から)。綾瀬はるかといえば、ドラマ『ホタルノヒカリ』で好演し、「干物女ブーム」をつくったことで有名。これはひょっとすると「アラサー処女ブーム」到来の兆し!?

そして、こんな情報もキャッチ。OL事情に詳しいライターの池野佐知子氏はこう語る。

「毎年、新入社員OLに取材させていただくのですが、今年お会いした30人中、なんと半数の15人近くが処女。聞くと、そのコたちの周りにも20代前半の処女が増えているそうです」

何っ!? 20代処女が増えている?

そこで! このブーム(!?)にあやかり「処女との性行為」に関する疑問を男女500人ずつ計1000人にアンケート。聞きたいけど、なかなか聞けない男女の本音を調査してみた!! (処女との性行為といっても淫行のススメではないのでご注意を!!)

すると、確かに女性の初体験の年齢アンケートを見ると「20歳を過ぎてから処女を捨てた」女性が34%と、3人に1人は20歳を過ぎてからなのだ。

気になるのは、読者世代にも多いであろうアラサー男性が、そんな20代処女を狙ってもいけるのか、ということ。

まずは、実際に処女とセックスした経験を聞いたところ「ある」と答えたのは39.2%と、こちらも3人に1人という結果。次に、処女とセックスをしたいか?の質問に対しては70.2%が「したい」と「処女とのセックス経験者数」を上回る、大多数であった。

しかし、“処女未経験者”のなかには「一度は経験してみたかったが、若いうち、お互い童貞と処女のような関係じゃないとできないのでは」(33歳・公務員)との声も。やはり経験するなら同世代の女性に処女が多い10代、20代前半のうち? しかし! アンケートをよく見ると「30歳を超えて処女とセックスした」人が、7.7%と少数ではあるが、確かに存在することが判明!

ここで女性へのアンケートも確認してみると、「初体験の相手の年齢」については「年下」2.7%、「同じ年」29.9%、「年上」67.5%と、年上の相手で処女を捨てた女性が圧倒的多数だが、注目すべきは「10歳以上年上」と回答した女性が7.4%も存在すること。

例えば、「22歳のとき、北海道ひとり旅で出会った、ひと回り上(34歳)の男性と」(28歳・人材派遣)、「21歳のとき、10歳年上の、通っていた歯医者さんと」(24歳・飲料水)といった経験談が挙がっているのだ。

20代の処女をアラサー男性が奪うケースは決してなくはない!?

■週刊プレイボーイ34・35合併号「20代女性に急増中『処女との性行為』について真剣に考える」より