彼女との最初のセックスの場所に「ラブホテル」を挙げる男性は多いのではないだろうか?

しかし、その判断にちょっと待った! 本誌が20代・30代の男女200名に行なったアンケートによると、女性が理想とする最初のセックスの場所は「シティホテル」が56%で圧倒的トップ。一方、「ラブホテル」はわずか15%と好まれないことがわかった。

「最初くらい大切にされている感じがほしい」「ラブホは“いかにも”な感じでイヤ」という女性の意見が多い一方、男性がその事実を認識しているとは言い難い。そもそも、事前にしっかりと予約までしている男性ですら、たったの15%しかいないという結果が判明。

男性の本音としては、「予約も必要なくその場の流れで行けるのでラブホが楽」(30歳・金融)、「最初にシティホテルなどで予算をかけてしまうと、2回目以降が面倒くさそう」(32歳・飲食業)と、もっともな答えが返ってきたが、それでは女性たちの気持ちに応えているとはいえず、イイおつきあいを逃すことにも……。

そこで、事前に“シティホ”を予約する「正解」な少数派男性が、どんな心構えで最初のチャンスに場所を選んでいるのか? 話してくれたのは、付き合った彼女とは2週間をめどにシティホに誘うというT氏(28歳・商社)。当然、デート前日から部屋を予約しているそうだ。

「シティホテルだと、まず断られないからです。僕はプライドが高いので、女性に断られるのが怖くて」

では、ほかにも事前準備を?

「デートの約束をする際に彼女も一緒に泊まれるか確認します。直接的になりすぎないよう『次の日、ゴルフがあってホテルの近くで朝7時に車で拾ってもらうんだけど、一緒に泊まる?』とか口実をつくって誘うんです。ゴルフなんてないんですが(笑)。翌朝、なんの予定もないのに朝6時半に自分だけホテルを出ますね」

1回目を需要視すれば、次は誠意でOK?

ところで、シティホテルじゃないと「イヤ」と断ってくる女性のタイプってあるのだろうか? 答えてくれたのは、女性の生態に詳しいコラムニストの菊池美佳子氏だ。

「セレブとの交際経験があり、シティホテル慣れしている女性はもちろんですが、注意しないといけないのは、恋愛経験の少ない女性です。下ネタも苦手でウブな感じの女性は夢見がちでロマンチックなシチュエーションに憧れています。このような彼女を落としたいならシティホテルに行くのが無難でしょう」

なるほど。では、シティホテルには「コンドームがない」という問題もあるが……。前出のT氏はどうしているのか?

「コンドームは家を出るときからカバンに入れておきます。セックスの後に彼女から『いつ買ったの?』と聞かれますが、『今日、会う前にコンビニで』と答えてますね」

最初のセックスでシティホテルに行った場合、さらにこんな悩みも出てくる。「2回目以降、どうやってランクを下げてラブホに誘えばいいのだろう」

この疑問に答えてくれたのは、10歳年下の女子大生と交際中というI氏(31歳・IT)。

「大人の余裕を見せたかったので財布的にはキツかったですが、最初のときは奮発して六本木の某高級シティホテルに宿泊しました。レストランで『今日は部屋もとってあるから』と伝えると、『こんなホテル泊まるの初めて!』と、とても喜んでくれました」

その後、2回目はどうやってラブホに?

「まずは、誘う前に『ラブホテルとか行ったことないよね?』と聞き、相手がラブホの似合わない女性であることを暗にアピール。さらにラブホの魅力を説明する前に『値段は少し高いんだけど……』と前置きし、安く済ませようとしていないという姿勢も見せました。実際、1泊1万5000円でラブホとしては高かったのですが。誠意さえ見せれば、ランクを下げるのはそんなに難しくないですよ。女性は“1回目のセックス”を重要視しているだけのようですから」

意外とみんな「最初のH場所」について真剣に考えているようだが……。

(取材/黄 孟志)

■週刊プレイボーイ38号「シティホテルvsラブホテル論争勃発!最初のセックスの場所 みんなどうしてるの?」より