日本全国で風前の灯火(と もしび)となりつつある色街。だが、風俗全盛のバブル期にソープが絶滅させられた大阪では、そのおかげもあって?、全国的にも珍しい"ちょんの間"が花開き、現在でもしっかりと伝統を守り続けていた!

■遊ばずに帰るのは男やないで〜!と実感

風俗全盛期といわれたバブル時代にも大阪にはソープがなかった。そして沖縄、神奈川と並んで全国三大ちょんの間地帯とも呼ばれていた。悲しいことに今ではその真栄原(沖縄)も黄金町(神奈川)も絶滅したという。となれば、最後の砦(とりで)として、五大新地が相変わらず頑張って残っているという、大阪に行ってみるしかない!

ちょんの間とは、かつては赤線と呼ばれた日本古来の業種。風俗街を散策しながら、軒先で媚(こび)を売ってくる女のコを物色。イタす相手を実物で選べるという完全顔見せのニッポン風俗界希少種なのだ。

そんなわけで、まずは和泉(いずみ)市にある信太山(しのだやま)と阿倍野(あべの)区の今里(いまざと)を駆け足で回った。ともに江戸時代から栄えた遊郭地帯で、今も変わりなく営業。ともにバブル期と変わらぬたたずまいで健在なのは確認できた。

しかし、この2ヵ所だけは完全顔見せではない。旅館形式の店が並び、そこで呼び込みのオバハンと交渉して女のコを呼んでもらい、旅館内の個室でプレイするというスタイル。予算も大2枚程度と大阪の新地ではちょっと高め。せっかく大阪まで来て遊ぶのはここやないやろ…と、ひとまずスルー。

続いて、夕暮れが迫る時間帯に京阪の滝井駅を降りた。線路の高架沿いを南に歩くと一種懐かしいような町並みが見える。これが滝井新地で、ここもまた大阪から京都へ続く街道沿いに大正時代にできた新地だった。

しかし、昭和に入ってからは衰退し、バブル期には〝化け物屋敷〟と不名誉な呼ばれ方さえしたいわくつきのエリアだ。ところが、様変わりしていることにすぐ気づいた。

ここで遊ばなきゃ男じゃない?

旅館形式の各店の入り口は大きく開け放たれている。店頭に呼び込みのオバハンが立ち、上がりかまちに女のコが座っているのは飛田(とびた)や松島などと同じスタイル。その店を覗き込んだ途端、「かわいコやろ?、遊んだってえな?」…オバハンの声に、思わずうなずいてしまった。実際、20代半ばのスリムでかわいい女のコがほほえみかけてくるのだ。

かなり気持ちは揺れたが、待て待て、飛田が待っている。滝井では現在15軒程度が営業していて、どの店も若いコを置いていた。大1枚半で遊べるというし、化け物屋敷なんて呼び方はもう許されへんぞ、とつぶやきつつ立ち去る……。

後ろ髪を引かれながら京阪から地下鉄に乗り換え、中央線の九条駅に降り立つ。松島新地は売春防止法の成立以前は大阪で最も格式のある遊郭だった。今でも当時の建物が軒を連ね、昔と変わらず営業を続けている。

とはいっても、今ではもちろん遊郭遊びはできないから、ちょんの間としての格式を守ってるのだ。ここでは約50軒もが隆盛を保ち、そのすべてを見て歩くと、なんと100人近い女のコを拝めるのだから壮観!

で、はっきりいってしまおう。ここで遊ばずに帰るのは、男じゃない! 以前から若いコは多かったが、今でも10年前の光景とまったく変わっていない。全国的に見ても珍しく、優良風俗街の伝統が生き残ってるのは保証できる。しかも予算は大1枚ぽっきりと若干値下げしてるうれしい状況。

でも時計を見ると午後9時過ぎ。1泊の予定だったため、松島でイタしてしまうと最終目的の飛田では遊べない。新地はどこも残念なことに深夜0時でネオンが消えてしまうのだ。やるのは今じゃないでしょ!

即断即決のルールを忘れるほど…

■飛田まで我慢して、やはり大正解やった!

地下鉄御堂筋(みどうすじ)線の動物園前を降りて南へ10分程度歩くと、そこに飛田新地がある。初めてこの光景を目にした日は「いつの昔にタイムスリップしたんや……」と茫然(ぼうぜん)自失、それほど浮世離れした世界にわれを疑う。

この夜、一歩入った途端、あの驚きが色褪(あ)せず健在であることがわかった。明かりがともる看板がずらっと並び、古い家屋の入り口は大きく開け放たれている。その前を物色しながら歩き回る男どもがぞろぞろ……うんうん、昔と全然変わらんで~。前を通ると、玄関口に座る女のコがほほえみかけてくる。

「か、かわいいっ」

やはり、ここまで我慢してよかった。飛田の北側一帯、かつては青春通りと呼ばれたエリアはどの店のコも若く、コスプレなどのセクシーな衣装も目立つ。さらに、ここ10年以内に開店したとおぼしき新規店もできていて、店舗数が増え100軒以上が通りをまたいで並んでいるのだから圧巻!

しかも、一時は大2枚まで高騰していたプレイ代も、今では大1枚強と世相を受けて格安になるあたり、大阪商人の面目躍如、さすがやで!

しかし、ここでもまた困ってしまった。あんまりかわいい女のコが多すぎて目移りしてしまう。迷ってるうちに次々と彼女たちにほかの客がついてしまうのだ。おかげで何周もぐるぐると歩き回り、顔を覚えられて……毎度のことだがオバハンに「はよ、決めたほうがええで。何遍回っても疲れるだけや?」とツッこまれる始末。うーん、ほんと困った。

ここでは女のコも多いが、平日だというのに客も多い。全部を見て回ってから一番イイのをと思って戻ると、好みのコはすでに客がついてしまってる。飛田では即断即決ってこと忘れてたやなんてっ!

ここは風俗のレッドデータも例外!

やっとのことでロリ顔&小柄で黒髪のコを見つけ交渉成立。とはいっても、「入るよ」というだけで難しい交渉は何もない。ちょっと桐谷○玲似で笑顔もかわいくてそそられるぞーっ。

靴を脱いで上がり、その家の2階の個室に案内されプレイ代を払ったところで一戦開始。全裸になり布団に横たわると、彼女がおしぼりで拭ってくれる。手で育ててからゴムをつけて、まずはお口で…。

「上がええ?」

そうささやくので正常位でかぶさると甘い声で喘(あえ)ぐ。舌遣いも真剣なら反応も真剣そのもの。まだ素人同然じゃん!?と思わせる女のコに出会うのも、ちょんの間遊びの醍醐味(だいごみ)なのだ。

しっかりと抱き合って最後までイケるなんて…。この壊滅期にあって五大新地はどこも女のコの数やレベルも明らかに進化してる。浪華だけは風俗業界のレッドデータが存在しないとは、やっぱ大阪は、けったいなトコなんや!

(取材・文/オフィス五稜郭)