近年は、自ら積極的に男子を狩りにいく「肉食女子」の存在が話題になる一方、「アラサー未婚女性の4人にひとりが処女」ともいわれる“処女大国ニッポン”。しかも近頃はアラサーで「モテ系処女」なる新カテゴリーも生まれているとか。その実態に迫った!

■ルックスで処女を見分けるのは不可能!?

恋愛経験ゼロで処女のまま30歳になった“こじらせ女子”を綾瀬はるかが演じるドラマ『きょうは会社休みます。』が話題になっているが、実際、30歳を過ぎても処女のいわゆる“やらみそ”(やらずに三十路[みそじ])女性が増加しているという。厚生労働省の『第14回出生動向調査』(2010年)によると、25~29歳の未婚女性の29.3%、30~34歳の23.8%が「性経験なし」と回答。なんとアラサー未婚女性のほぼ4人にひとりが処女だというのだ。

そこで本誌は実態を調査すべく今回、30人のアラサー処女に取材を実施したのだが、意外にも(失礼!)女子のルックスのレベルは想定よりもはるかに高く「どうしてこんなコが……」と思えるようなコも多かった。実際、30人中24人は「これまでに彼氏がいたことがある」といい(Q1)、13人が「正直、自分はモテるほうだと思う」と回答している(Q2)。

取材をしたOL事情に詳しいライターの池野佐知子氏が言う。

「アラサーでバージンというと正直、引きこもり系の女子が多いのかと思っていたのですが、会ってみると性経験がないだけで、実際かなりモテている人も少なくない。おそらく男性が処女当てクイズをしても、まず当たらないと思います」

そんなモテ系アラサー処女たちの実態に迫った。

処女喪失に必死な「モテ系処女」たち!

■「私たちがB止まりのワケ」

今回、取材をした30人のアラサー処女のうち、8割に当たる24人が「Bまでは経験あり」だという(Q3)。なぜ、そこで止まってしまったのか?

最も多かった理由は「いざ挿入という段階になって、相手を拒んでしまった」というもの。テレビ局に勤務する真木よう子似の美女(25歳)が言う。

「これまで出会いもエッチのチャンスもそれなりにあったんですが、ホテルに行こうと思ってホテル前で『ごめん』した人がふたり、ホテルに入って『ごめん』した人がふたり、ホテルのベッドで結構なところまで進んで最後の最後に『ごめん』した人がひとり……。それぞれホテルに誘われるまでは(この人で)いいと思っているのに、いざとなると、怖くなってきて、(最初のエッチは大事→その相手は)この人じゃないという気持ちが入り交じって、拒んでしまうんです……」

同様の回答はほかにも複数。涙目でホテルから帰ったであろう、お相手の男性たちの心中、お察しします……。

続いて多かったのが、「途中まで挿入したが、激痛でリタイア」との答え。生命保険会社勤務の長澤まさみ似の美女(26歳)が言う。

「高3のときに当時、付き合っていた大学生のカレと旅行先の軽井沢で初めてしたのですが、先っぽを入れられるだけで信じられないくらい痛かったんです。2日間で5回くらいトライしてどうしてもダメで……。結局、そのことが原因で彼とはお別れすることに。その後、大学・社会人と彼氏はできるのですが、いざ、そのときとなると軽井沢のことも思い出すし、やっぱり痛いしで、『ごめん』となって、そのまま自然消滅してしまいます。自分の指で練習するときは3本くらいは大丈夫なのですが、男性のアソコはもっと大きいのでダメなんです……」

このほか、「いざ挿入というときに、『実は私、初めてなの』と言ったら、彼が『えぇぇぇぇぇ、そうだったんだぁーっ』と言いながら、ものすごい勢いで私から離れたんです。もちろん私も引きました……。そのまま彼とは音信不通になり、すっかりそれがトラウマになってしまいました」(IT・27歳)という、あまりにカワイソーなものや、「すでにBもフェラもしてしまっているんですが、一応、小学校からカトリック系の女子校に通っていて、『婚前交渉はNG』『セックスする場合、避妊もダメ』という戒律が刷り込まれて、今でも『初Hは結婚初夜に』と思っているので」(コンサル・25歳)という、なんじゃそりゃな回答も。

バレないためにバイブで処女膜を…

■「処女とバレないためバイブで膜を破ろうと……」

アラサー処女30人中27人が「自分が処女であることに引け目を感じている」といい、29人が「一刻も早く処女を卒業したい」のだという。周囲に「自分は処女」とカミングアウトしているケースはまれで、同僚や友人にも隠しているケースがほとんど。そのため取材をした女性の9割が「周囲から自分は処女だと思われていない」という(Q4)。

「まさか私がバージンだなんて、誰も思っていないと思います。むしろ経験豊富に思われている節さえあります(苦笑)。後輩ちゃんからセックスの相談とかも受けるんですが、そんなときはネットなどで得た知識を全開にして答えています。実は私、キスはおろか男性とのお付き合い経験も皆無なんですが(汗)」(広告・27歳)

「処女であることに引け目も焦りもスゴくあるので、絶対、誰にも言えません。でも、女子会で下ネタトークになったときに作り話をしていると、すごく落ち込みます。何やってるんだろ、私って……」(商社・28歳)

なかには、将来の初体験時に処女とバレないように、こんな準備をするツワモノも。

「今年で28歳にもなるのに処女だなんて言ったら絶対、男性に引かれるに決まってるので、処女膜が破れるように自分でバイブを入れました。小さいのじゃダメかな、と結構大きめなLサイズのものを。でも本当に破れているのかどうか自分ではわからず、ちょっと不安です」(IT・27歳)

一方、ごく少数ながら処女であることを周囲に公言し、半ばキャラ化しているという食品メーカー勤務のSさん(27歳)は「実はローターを使ってハードなBまでしてるという事実を誰にも言えず、純粋無垢な処女キャラで通っていることに少し罪悪感を覚えている」とか。

*明日配信予定の後編に続く!

(取材/池野佐知子 協力/OL萌え萌え倶楽部)