年末に衝撃的AVデビューをした松岡ちな

おっぱいのことなら、なんでも知っている男、ソフト・オン・デマンドの風俗覆面調査団『kaku-butsu』(カクブツ)の巨乳部部長・佐藤おっぱい潤。2014年5月、本サイトにてその変態じみた博学ぶりを披露してもらったが、今回はその佐藤氏に2014年のおっぱいを【観賞用】(AV)と【実用】(風俗)に分け、それぞれのベスト5を決めてもらいました!

「最近は橋本マナミの乳頭を妄想するのがライフワーク」と語る彼がセレクトした2014年度、ベストなおっぱいとは?

―さて、早速ですが2014年の“鑑賞用おっぱい”ベスト5をお聞きしたいと思います。第5位は?

佐藤 「七草ちとせ」さんですね。Jカップならではの、“たゆんたゆん”とした爆乳が繰り出すパイ●リは2014年度のトップクラスといえるでしょう。片手でおっぱいをホールドしてパイ●リできるほどですからね。

―ちょっと、太っているような…?

佐藤 全体的にしっかりした土台がないと、Jカップにはなり得ません。なので、二の腕や背中、お腹も大きくなって当然なんです。彼女はバックから攻められてる際のお腹のゆれ具合がいいですね。この大トロの部位に挟んでもらったら気持ちいいんだろうなあぁ。これは“第三のおっぱいを持つ女”といっても過言ではないですね!

―過言だと思いますけど。

佐藤 いいえ。このようなお腹は、触り心地がおっぱいそのものなんです。それで、“第三のおっぱい”ってとても使い勝手が良いんですよ。ほら、電車やショッピング中に彼女のおっぱい揉んでたら「おまわりさん、この人です!」ってな話ですけど、お腹を揉むんだったら大丈夫でしょう?

「ちなパイ」の衝撃

―それもアウトのような気がします! では、第4位は?

佐藤 「松岡ちな」さんです。彼女がグラビアを飾ったときの“ちなパイの右パイ”の衝撃は忘れられません。

―“ちなパイの右パイ”とは?

佐藤 左乳は小さなピンクの乳頭で誰もが認める王道おっぱい。そして右乳はデカ乳輪。このギャップがいいんですよ! あと胸元のホクロも良い。王道の左乳、だらしない右乳、胸元ホクロのゴールデントライアングルは完璧といえるでしょう。

―2014年度のトップになってもおかしくない逸材ですよね。

佐藤 実は、彼女ってこの12月にAVデビューしたんですけど、体を絞ってきたからかグラビアで見た頃(7月)よりも少し形が小さくなってしまったんですね。まあ、それでもHカップという大ボリュームではあるのですが。来年こそ、ちなパイのベストパフォーマンスを見たい、という思いもこめてこの順位にしました。

―それではベスト3の発表になります。

佐藤 第3位は、「白石茉莉奈」さんです! オカズに困っても“悩んだときのマリリン”ってことで、彼女を選べば間違いありません。

―デビュー時に比べて、体全体がずいぶんボリュームアップしてますよね。そして乳輪も濃く、大きくなっているような?

佐藤 ますます良いじゃないですか! マリリンの乳は、究極の“だらしないおっぱい”なんです。どんな下着を着てもすぐに乳首がはみだすほどのだらしなさ。ほら、なんだかんだいって、一番美味いのはB級グルメでしょう?

―よくわかりませんが…。でも、最近のAV女優にはいないタイプですよね。

佐藤 そうなんですよ。AV女優がアイドル化されて以降、“ピンク色で小さい乳首”が人気でしたが、彼女のブレイクでそれが薄れてきましたね。七草さんや、ちなさんもだらしないでしょ。AV界の“小乳首至上主義”に一石を投じた功績は、そのおっぱい以上に大きいですよ。

―ちなみに一番ヌケた作品は?

佐藤 『ソフト・オン・デマンド おかげさまでもうすぐ20周年記念作品』に収録されている『義母~まりな27歳~』ですね。名監督・溜池ゴロ―氏が撮っただけあって、見事な映像美。着衣で床掃除をしながら、汗が豊満な胸の谷間滴(したた)り落ちる。そんな、なんでもないシーンにも猛烈なエロスを感じる作品でした。

2014年の“国宝級おっぱい”とは!?

―続いて2位は!

佐藤 「夢乃あいか」さんです。 低身長&ロリ顔、だけど鬼クビレでGカップの美爆乳という人気が出ないはずがないボディの持ち主です。彼女は少女のような小さな乳輪も魅力的ですが、個人的には“乳首の高低差”が素晴らしい。何を言っているのかわかります?

―まったくわかりません。

佐藤 パッケージ写真を見ると、通常時は1.5mmぐらいの低さです。陥没するかしないかのギリギリですね。これがプレイ中には、ビンビンに勃起。倍ぐらいのサイズになります。この勃起乳首が、騎乗位やバックで存在感を発揮するんですね。乳揺れがスローモーションに見えるほど美しいです。

―最後に、第1位をお願いします!

佐藤 「橘優花」さん! 彼女のおっぱいは国宝に指定すべきクオリティーですね。張りのあるHカップで繰り出される、どんなサイズのペ●スでも飲み込みそうなパ●ズリ。それは、どの体位で観ても美しい。正常位で揺れるたゆんたゆんの水風船系やわらかおっぱいは、きな粉と黒蜜をかけて舐め尽くしたいほどの美味しそう! 平常時1mmレベルの極小乳首に、大きさ・左右バランス・揺れ・張り・柔らかさと、すべてを兼ね備えた本年度最強の爆乳だと思います。

―ということで、2014年の観賞用おっぱいベスト5を語っていただきましたが、後編は風俗で出会った素晴らしいおっぱいについて聞かせてください。

超絶乳マニアが厳選!2014年のベストおっぱいとは?【実用編】も公開中!http://wpb.shueisha.co.jp/2014/12/31/41365/

(取材・文/週プレNEWS編集部)