今回「童貞コン」に現れた童貞狩りの面々。右から、経験人数100人以上のあやかさん(33歳、以下すべて仮名)、サブカル女子のまりさん(23歳)、経験人数約50人の千沙さん(24歳)

昨年、本誌コラムから派生した“婚活廃人”プロデュースで実現した、生まれてから一度も彼女ができたことがない童貞たちのための街コン「童貞コン」。

予想をはるかに上回る好評を得たため、先日「第2回童貞コン」を開催したところ、今回も大盛況のうちに幕を閉じた。 

ところが、そこには前回の街コン後に本誌と週プレNEWSにて公開され、ネットで大反響を呼んだ記事「“童貞狩り”女子グループが語る、正しい童貞、間違った童貞とは…?」と同様、童貞男子を狙った別の“童貞狩り女子”たちが潜入していたことが発覚!

後日、彼女たちを呼び出し、その真意を明かしてもらったところ…。

 * * *

―まず、参加理由は?

千沙「チヤホヤされたかったのと、童貞とセ⚫︎クスしたことなかったから」

あやか「男を自分好みに教育するのが好きなの。現在進行形でふたりの男を育ててる。童貞は成長率が高いから楽しいのよね。育て終わったらポイだけど(笑)」

まり「みうらじゅんさんと伊集院光さん共著の『D .T .』という本を読んで、童貞に興味を持ちました。彼らって想像力がすごい豊かだということなので、今までにないエッチができるんじゃないかって」

―では実際、参加男性たちの印象は?

まり「意外と見た目がまともで驚きました。コミュ障って感じの人も少なかったです」

千沙「けど、口説いてくる人がほぼいないのが、さすが童貞って印象。ビッチアピールでミニスカはいて参加してみたのに、直接言い寄ってくれる人はひとりもいなかった…。Rumor()では『タイプです』とか『ミニスカ持ち帰る』とか言ってる人もいたくせに根性ないよね!(怒)」

DeNAが開発した匿名でコメントをつぶやけるiPhoneアプリ。今回、女性としゃべることが出来ない童貞たちのため救済策として導入された。

あやか「逆に、他の人もいる前で『来週の日曜、一緒に銀座行きませんか?』とか誘ってきた男がいて、さすがにその誘い方でOKは出さないわよって…。もっとこっそり来てくれないと、色気も何もないから」

いい童貞、悪い童貞とは!?

投稿を振り返りながら、盛り上がる女子たち。「童貞ならだれでもいい」というわけではなさそうなのが、また厄介である

まり「童貞なのはいいけど、考え方が中2なのはイヤですよね」

あやか「『付き合わないと手は握りたくない』って言ってる中学生みたいな男もいたわね。まずはエッチをしてからという考えの私としては彼の童貞は奪いようがないと思って……すぐにRumorに『席替えしたい』って書き込んだ」

千沙「童貞をアピールポイントだと思いすぎてる人も多かったよね!」

まり「『童貞って言われるたびに胸が痛いです。普通に司会の人とかが童貞、童貞って言うから驚いて』って言ってる人がいて、正直ですてきだと思いました。童貞ネタで笑いをとってる人たちより逆に印象が良かったです」

―後日、誰かから誘われたりしました?

千沙「数人からLINEが来たんだけど、みんな『また機会があればぜひ』みたいな定型文を送ってくるから、社交辞令なのかな……って思って、あんまノリ気になれない」

あやか「エッチではリードしてあげるけど、デートの誘いまでは男性に引っ張ってほしいよね。童貞だからといって甘えないでほしいわ」

まり「実は、連絡取っていた童貞さんに『熱海の秘宝館に行きたい』って言われて、日程調整しています。私の秘宝を彼に見せるかは考え中です♪」

いいのか悪いのか、近いうちに狩られてしまう童貞が現れそうな予感も!!

(取材/黄 孟志)

■週刊プレイボーイ9号(2月16日発売)「童貞メールコンでカップルは生まれたのか?」より(本誌では、第2回童貞コンの模様も詳細リポート!)