ク○ニしない男どもに憤りを感じているアダルト女優の佐倉絆さん

「ク○ニ? 当然するっしょ」ーーそう思っているあなたはすでに時代錯誤かも知れない?

「ク○ニしない男が多すぎますよね。フ○ラは絶対させるくせに。ずるいですよ!」

そんな怒りの声を上げるのは、AV女優の佐倉絆(きずな)さん。

「友達に話を聞いても、彼がク○ニしてくれないって悩んでるコが多いんですよ」

しかし一方で、少し前の『週刊現代』にはこんな記事が掲載されていた。

「なめなければ生きていけないわけでは、もちろんない。なめて何か得をするわけでもない。でも私たちは、なめずにはいられないのだ」(「人はなぜ性器をなめたがるのか」『週刊現代』2015年4月11日号より)

“男ならク○ニをしたくてしょうがないはず”という前提で書かれた記事だが、佐倉絆さんは言い切る。

「週刊現代読者の年齢が高いからじゃないですか? 男は若ければ若いほど、ク○ニをしないと思いますよ」

そこで、本誌は全国のOL100人にアンケートを実施。セックスの際にク○ニを「必ずする」という男性パートナーは8%! 確かに男性はク○ニをしなくなっているといえそうだ。

注目すべきは、ク○ニを「たまにする」が全体の61%、「頼めばする」が12%、「しない」が19%という回答。つまり、ほとんどの男性がセックスの時にク○ニは必須だと考えていないということだ。

さらに、男性200人(20代100人、40代100人)を対象としたアンケートでもク○ニが「好き」は28%、「好きではないが、する」が44.5%、「できればしたくない」が23.5%、「嫌い」が4%という結果が出ている。ク○ニが積極的に好きだと答える人は今や少ないのだ。

ク●ニをしたくない男の言い分は?

「だって女性のアソコって不潔じゃないですか」

そう言うのは26歳の会社員であるO君。

「でも、こっちはフ○ラしてもらうわけだから舐(な)めてって言われたら舐めますけどね、関係を壊したくないから。でもできれば舐めたくない」

友人B君も同意する。

「アソコの形状がいかにも不衛生って感じがしちゃうよね。無修正の動画とか見てると、アソコのUPとかなんのためにあるんだろうって思う。ク○ニ好きな人って、ちょっと理解できないですね」

ちなみにB君は童貞である。

「自分が潔癖症だという意識はありますよ。前に会社の同僚とおっぱいパブに行った後、怖くてエイズ検査に行ったくらいですから」(O君)

「ディープキスも無理だな。したことないけど。もししちゃったらその後にめっちゃ気にすると思う。新しい歯ブラシでゴシゴシ磨くね」(B君)

ふたりとも他人の親が作ったご飯や、他人が握ったおにぎりも不潔に感じられて食べられないのだという。

昨年のベネッセによる調査でも、小学生の4人に1人が他人の握ったおにぎりに抵抗があるという結果が出て話題となった。潔癖症が増えたことがク○ニ離れの理由のひとつなのかもしれない。

●発売中の『週刊プレイボーイ』27号では、さらに「ク○ニするくらいなら同性にフ○ラしたほうがマシ」という男たちの実態もリポートしているのでお読みいただきたい!

(取材・文/安田理央)

■週刊プレイボーイ27号(6月22日発売)「“ネオ男根主義者”による反ク○ニ同盟が日本のエロを変える!」より