風俗情報誌で目に留まった、かなりタイプな女のコがよくよく見たらニューハーフ店勤務だったってこと、よくありますよね(ねーか)。

記者が見つけてしまったのは、綾瀬は○か似の超絶“美女”。早速、お店のサイトでチェックすると、これが本気で付き合いたいくらいの美人なんです。この手の店は初めてで不安でしたが、性欲と好奇心を抑えることができず、東京・新宿にあるニューハーフヘルス「A」に突撃。

彼女の予約をGETし、緊張しながらプレイルームのドアをノックすると、花柄ワンピースを着た“彼女”がお出迎え。

正直、写真以上。いや、ほぼ綾瀬でした。そのあまりのかわいさに一層緊張してしまい、いきなり彼女に「ほ、本当にチ○コあるの?」と失礼な質問をすると、彼女は優しく微笑みながらワンピースをめくって、下着をずらし…そこには確かに「僕よりも立派で大人なチ○コ」がありました。

ここで引いてしまう人もいるでしょうが、“ほぼ綾瀬”な美貌にキレイな肌、プルプルのDカップ、そしてチ○コ…という奇妙でアンバランスな光景に異常なエロさを感じてしまいテンションは上がる一方。

「初めて見ると不思議でしょ。でも1回経験したらハマっちゃう男性も多いのよ♪」

不思議なことにまったく嫌悪感はなく…

シャワーから出た彼女はそう言うと、優しいキスをしてくれプレイが始まりました。同性だけあってさすがにツボを心得てます。すると間もなく“その時”はやってきました。僕の手を握った彼女が言うのです。

「チ○コを触って…

ですよねー。恐る恐る触った勃起したチ○コは自分のモノよりもはるかにオス的な感じでした。でも不思議なことにまったく嫌悪感はなく、記者は自然と彼女のモノを上下にシゴき始めていました。すると、耳元でささやきます。

「舐(な)めて…みる?」

そーなりますよねー。さすがに躊躇(ちゅうちょ)していると「あっ、イヤならいいよ」と優しいお言葉。そこまで言われてしないのは男が廃る。意を決して彼女のチ○コを愛しました…。

詳細は割愛しますが、人って「キモチいい」って言われると、もっとキモチよくさせたいって思えてくるから不思議です。これが人間愛なんでしょうか?

その後はキスをしながら互いにシゴキ合うという異次元のプレイにギンギンに…。ラストはAFでした。「初めての人はアナルしたがらないから嬉しい!」と喜ぶ彼女に挿入すると、一般の女性とはまたひと味違う感触に、あっという間に大量発射。

初めてのニュハーフ風俗は、言うならば僕を村人から勇者にレベルアップさせてくれました。これからは好きなタイプは「立派なチ○コがついた女性」に変わってしまいそうです。

(取材・文/チャン小林)