映画館に女のコを連れ込んで、暗い館内でエッチなことができたら興奮しますよね。そんな夢を叶えてくれるのが東京・鶯谷(うぐいすだに)にあるデリヘルSの「映画館コース」

ただし、映画館は公共の場なので女のコ側のハードルが高く、対応できるコはごく数名だとか。その中から店員さんオススメ、経験豊富なMさんを指名した。すると早速、奥からMさんが登場。30代のいかにもエロそうな痴女系お姉さんだ。

そのMさん、移動のタクシーの中で「過激なプレイがしたかったら目立たない端っこの席がオススメ」とか「どんなにキモチよくても館内ではパンツは全部脱いじゃダメ」と優しくアドバイスをくれたんだけど、運転手に丸聞こえでちょっと恥ずかしい…。これもプレイ?

10分ほどでエロ映画館に到着。カップルで入って大丈夫かとドキドキしたけど無事、館内へ。時間は平日の20時頃だったが100人くらい入る館内に客はオッサンばかり20人ほど。スクリーンには漁師が女を犯すユルい成人映画が流れていた。

Mさんに連れられ端の席へ。映画館でイチャついた経験もないボクがモジモジしていると、Mさんが体をすーっとタッチしてくる。ボクも負けじと柔らかい胸を揉み返すと今度はボクの乳首をサワサワ。こちらもコリコリし返すと「あっ…」と思わず声を漏らすMさん。すご~くエロくてイイんですけど~。

気づくと何やら周りが騒がしいので見回すと、なんといつの間にか周囲の席をオッサンたちに囲まれているではないか! Mさん曰く、ここのエロ映画館は変態カップルがしばしば来場し、客(←こっちも変態)にプレイを見せつけるのだとか。どうやらボクらもそう思われているらしい。

明らかに“エロい目で見られてる感”がある中、Mさんは一向に気にすることなく、むしろより大胆になっていく…。あぁ…もう、そんなにされたらヤバいんですけど…。

スリルにあふれた時間は現実!?

するとMさんから「ここでヌクわけにはいかないから近くの公園に行かない?」とまさかのご提案。仰せの通りにギンギンのチ○コをしまい、映画館を出て、向かいの公園へ。

到着するや否や、チ○コを引っ張り出され、いきなりのバキュームフェラ。さらに体を密着させてのハード手コキ。シゴかれながらふと思い出したのは中学の頃、雑木林でエロ本を拾って、痴女に会うことを妄想しながらオナニーしたこと。夢叶ったな~、オレ。

そんなことを考えながら、すっごくいっぱい出しちゃいました。映画館でオッサンに見られ、公園でシゴかれた70分間。あのスリルにあふれた時間は本当に現実の出来事だったのか!?と、家に帰っても興奮が収まらず、思い出にふけりながら2回抜いて寝ました。

(取材・文/九界猛)