『バディ』2月号「ゲイゴシップ&トレンド 2015」ではゲイの流行語大賞を発表! (C)テラ出版

2015年のユーキャン新語・流行語大賞の年間大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」に決定したが、ゲイの“流行語”は「シャイニーゲイ」「同性パートナー制度」に決定!

ゲイのための情報マガジン『バディ』が2月号の特集記事「ゲイゴシップ&トレンド 2015」の中で上記を発表したことを受け、同編集部を直撃、選考について聞いてみたぞ。

***

―今号の巻頭特集「肛門解禁」も大いに気になるところですが…今日はまず「シャイニーゲイ」について教えてください。

編集部 「ひと言でいうと“リア充”です。今年4月末に渋谷の代々木公園で開催された“東京レインボープライド”(LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの略)のためのパレード&フェスティバルがあったのですが、そこで恋人や友達と参加している写真をfacebookやinstagramなどに投稿したゲイに対し、“ゲイライフがキラキラしている=充実している”として突如、使われ始めた言葉です。

最初はやや嘲笑の意味も含めて使われた言葉ですが、広まるうちに“リア充”“イケメン”を指す肯定的な言葉になりました。

―充実した日々を送ってる様子をSNSにアップとは…まさにリア充ですね。

編集部 「リア充アピールの自慢写真をSNSにアップする“俺通信”の行為そのものが最終的に“シャイニー”と定義づけられたと思います。海やキャンプなど野外活動が盛んな夏に一般のゲイ層にも爆発的に広がり、SNSを中心に広がっていきました。

―なるほど。で、もうひとつは「同姓パートナー制度」と。

編集部 「はい。東京都渋谷区で全国初の“同性パートナーシップ条例”が成立しました。異性婚のように戸籍に関わるものではないですが、地域限定とはいえ公的機関が発行するパートナーシップ証明書、というインパクトは大きかったと思います」

―ぶっちゃけ“同性パートナーシップ条例”はゲイの皆さんにとって喜ばしいことなのでしょうか?

編集部 「もちろん喜んでる方も多いのですが、感心が薄いゲイが多いのも事実です。そもそもカミングアウトしているゲイを想定した条例ですし、あくまでも“条例”なので異性婚と同じ権利が得られるわけではなく法的効力が薄い証明です。登録料も高額なので現状ではまだ利用者は少ないようです」

―正直、あまり意味がない…?

編集部 「いえいえ、マイノリティ問題に保守的だった日本では大きな一歩です!」

ゲイシーンでは五郎丸歩選手も大注目!

―では、2015年はゲイの皆さんにとってどんな1年でしたか?

編集部 「全米で同性婚が合法化されたり、今回のパートナー制度にしろLGBTを取り巻く環境が大きく変わった年でした。2014年に神宮前に誕生したLGBTのコミュニティスペース“カラフルステーション”始め、今後いろんな大掛かりなLGBTのスポットやイベントが誕生する気配を感じています」

―ちなみに、この他のトップテン入りした流行語についても教えてください。

編集部 「6月26日に全米で同性婚が合法化された直後からSNSのプロフ画像を《レインボーアイコン》に加工するのが流行りました。これはLGBTの当事者だけでなく同性婚の合法化に賛同する方々の間でも流行りましたね。また、アカデミー賞で脚本賞を受賞した他、様々な映画祭で賞を受賞した実在のゲイを描いた映画『イミテーション・ゲーム』も話題になりました」

―日本のゲイシーンにおいては五郎丸歩選手も大注目だったとか?

編集部 「それは我々よりマスコミがものすごく騒いでましたよね(笑)。でも本家の流行語大賞では浣腸ポーズがトップテン入りしてましたが、我々的には間違いなく五郎丸歩さんのルックスでしょう。イケメンですから。今年の新宿二丁目のハロウィンイベント時も“五郎丸コス”してるゲイが多かったです」

―なるほど。その他は…。

編集部 「男女間で肉体関係を持たない添い寝するだけの異性の友人“ソフレ”が注目されましたが、これはゲイ間でも話題になりました。ただしゲイの場合、下心はあるのに積極的に誘えない奥手のゲイが“相手から手を出しやすいふたりきりで密着する状況”に持ち込む手段として広まったカンジです」

―下心がある段階で男女間のソフレとは違いますが(笑)。あとは…?

編集部 「本家の流行語大賞では安村さんの“はいてますよ。”もトップテン入りしましたが、コチラはある意味、はいてない“ノーパンスウェット”が流行りました」

ゲイ向けのイベントではノーパンスウェット!?

―ノーパンスウェット??

編集部 「そのまんまの意味です。実は何年も前からあるブームなんですが、ゲイ向けの音楽イベントにスウェットパンツの下はノーパン状態で集うんです」

―だいぶ刺激的なイベントですね。

編集部 「はい。女人禁制イベントです。ノーパンだとアソコの形がクッキリ見えてエロいわけですが、このイベントでは挨拶(あいさつ)代わりに股間をさすり合ってもOK。パジャマパーティ感覚のノリですよ。女子だってパジャマパーティだったら『あけみちゃん、もはや牛~』とか言いながら、おっぱいくらい触るでしょ」

―牛って…ガチムチなパジャマパーティですね!

編集部 「ガチムチといえば、ゲイ専用の『マッスルカフェ』も盛り上がりました。これは大阪のゲイバーで現役ボディビルダーがビルダーパンツ一丁で接客してくれるってことでマッチョ好きのゲイの間で沸いてました」

***

いやー。注目ワードがノンケ界とカブる部分はあれど、ゲイの皆さんならではの着眼点が垣間見られて興味深かったですね~。残るところ数日に迫った2015年、ゲイの皆もノンケの皆も良い締めくくりにいたしましょう!

(取材・文/河合桃子)