上原亜衣ちゃんだけじゃない、今年はベテランAV女優の引退ラッシュだった!

ここ1年、人気AV女優の引退が続き、同時に彼女たちの引退作も軒並みヒットしている。

というワケで、まずは「これだけは観ておきたい!」という引退作を、AVマイスターの東風克智(こち かつとも)さんとAVウオッチャーの本末ひさおさんに紹介してもらった!

本末 何はさておき上原亜衣ちゃんですね。名実ともにトップ女優の引退作は、全部で5作もリリース! 中でも彼女の代表作ともいえる『100人×中出し』シリーズは注目。これは100人の素人ファンが、亜衣ちゃんを捕まえれば中出しできる「孕(はら)ませ隊」と、それを阻止する「守り隊」の2チームに分かれて、壮絶な鬼ごっこを繰り広げるというもの。

東風 これがラストということもあって、どちらのチームも気合い十分! 特に、守り隊にいた若い男のコはかなり本気で、バスケのディフェンスのように手を広げて背中で孕ませ隊を完全にブロック。ところが、結局、防ぎ切れずに亜衣ちゃんが目の前でハメられてしまいます。それを見て号泣する彼の姿には、ホントに胸が熱くなりました。

本末 また、波多野結衣ちゃんをはじめとする仲のいい女優さんが8人も出演。レズシーンでは、思わずもらい泣きしてしまいそうな感動的なエピソードがあって、そこもぜひ見てもらいたいです。

上原亜依【活動期間:2011年~16年】上原亜衣の完全引退作! 100人の素人が2チームに分かれ、果たして最後に中出しするのは誰だ!? 『上原亜衣引退スペシャル 100人×中出し 引退させたいvs引退させたくない』(本中)

東風 個人的にイチ押しなのは桜井あゆちゃん。3年間で800本近い作品に出演した超売れっ子の引退作は、ねっとり系、ワイルド系、主観のイチャラブ系…と、様々なシーンで自分の持っているテクニックをすべて披露。まるで引退試合に臨む投手が、自分が投げられるすべての球種を全力で投げて完全燃焼しようとする姿と重なりました。

本末 デカ○ン男優ふたりとの3Pではガチンコの本気ファック! デカ○ンを見るのも人生最後だと思ったのか、「寂しくなるね…」と思いっきり自ら、のど奥までくわえ込んでいたのはさすが!

東風 これは「教科書」にもなるAVですね。デビュー前の新人女優は絶対に見るべきです。それくらい最高のパフォーマンスがぎっしり。つくづく引退が惜しまれます。

桜井あゆ【活動期間:2013年~16年】桜井あゆのラストを飾る、5つのセックス! 引退に対する思いやファンへの感謝など、彼女自身の熱いメッセージも収録! 『4時間5本番 桜井あゆ引退スペシャル』(ミリオン)

断髪式のようにアソコの毛にハサミを!

かすみ果歩【活動期間:2005年~16年】全8コーナーの最高傑作! 『引退!そして解禁!FINALアナルFUCK デビュー11 周年!スペシャルゲスト達も参戦!!ごっくんあり!ぶっかけあり!アナルSEXあり!』(アイデアポケット)

本末 TVのバラエティ番組でも活躍し、“お笑いAV女優”と呼ばれたかすみ果穂ちゃんもデビュー11周年の今年、ついに引退。この1年は大量ぶっかけやゴックンなどのハードプレイも次々とこなし、引退作では「ア○ルSEX」を解禁しました。

東風 「AVはエロくないといけない」がポリシーの彼女は、絶対に泣かないと決意。ところが、序盤の主観フェラで「これからは他の女のコでオ○ニーするの?」などのセリフを言いながら、すでに目がウルウル…。そして「忘れたら怒るよ」と泣きながらゴックンしていました。

本末 人生初のア○ルSEXは意外とすんなりで、枕を握り締めながら「ああ…ダメぇ!」と快感に打ち震えていたところもよかったです。

東風 また、ゲストの女優さんとのやりとりも最高で、まさにエロと笑いが融合した傑作だと思います。

希志あいの【活動期間:2008年~15年】「恵比寿★マスカッツ」の3代目リーダーとしても活躍した希志あいの完全引退作品。渾身のラストセックスは必見! 『ありがとう 希志あいの引退SP』(アイデアポケット)

本末 元気で明るいキャラの希志あいのちゃん。彼女の引退作は笑いに満ちあふれていました。現場の新人ADを色仕掛けで誘惑する逆痴漢、寝起きドッキリをされて、そのまま初のすっぴんセックスなど、まるでバラエティ番組のような楽しい仕上がりに。

東風 初のパイパンでは、男優やスタッフが相撲の断髪式のように、アソコの毛にハサミを入れていくというバカバカしさ。そして、最後くらいはまじめに…とオープンカフェで引退インタビューするはずが、ものすごい強風で髪の毛がバッサバサになるなど笑いの神も降りてきます。

本末 もちろん、ヌケる場面もあり、引退作では童貞の筆下ろしにも初挑戦。優しく手ほどきされていた童貞くんが本気で羨ましかった!

AV人生が凝縮されている本物の涙

浅野えみ【活動期間:2010年~15年】浅野えみがまさかの電撃引退! そして、ゴックン&パイパン解禁! 『ほほえみ返し 浅野えみ完全引退作 えみとんは普通の女の子に戻ります。』(アイデアポケット)

本末 続いては、SODの女性社員のままAV出演して話題になった浅野えみちゃん。2015年に単体女優として正式にAVデビューしましたが、わずか半年で卒業へ。

東風 引退作では未経験のゴックンを解禁し、これまで以上にガツガツとむさぼるようなセックスを披露。作品のサブタイトルに「普通の女のコに戻ります」とありますが、男優もタジタジの性欲の強さでは、普通の女のコには戻れないでしょう(笑)。

本末 ともあれ、抱き心地が抜群によさそうなぷにぷにボディ&某アイドルにソックリといわれた彼女の笑顔がもう見られないと思うと、寂しい気持ちになりますねぇ。

東風 妹系AV女優としてブレイクした瑠川(るかわ)リナちゃん。引退作は、自らが脚本を書いたラブラブ同棲(どうせい)の物語。引退作にしては珍しい主観映像がメインで、イチャイチャの同棲生活を疑似体験できます。

本末 ツボだったのは、彼氏に宛てたラブレターを読むシーン。手紙に出てくる“あなた”とは、もちろんファンのこと。おそらく、直接ファンに向かってサヨナラを言うのが悲しいので、こういう形をとったのだと思います。ところが、彼女は手紙を読みながら途中から涙がボロボロ。美少女が本気で泣く姿には、僕まで胸が苦しくなりました。

東風 さて、様々な人気女優のラスト作品を紹介してきましたが、なぜ引退作はこんなにも熱量の高い作品が多いのでしょうか。ひとつは、ファンが望んでいたプレイを解禁してくれることが多く、そこにチャレンジする姿に胸が打たれるんでしょうね。

本末 また、引退作はファンが見たいその女優の一番の姿を見せてくれます。例えば、かわいい系の女優は最後までかわいらしく、痴女系の女優は最後までハードにいやらしく、お笑い系の女優は最後まで面白く…と、その女優さんのAV人生が凝縮されているんです。さらに、演技ではない本物の涙を見ることもできて、普段とは違った一面に感動するケースもあります。

東風 とにかく、引退作にはその人のよさがたくさん詰まっています。引退作を見てファンになり、過去の作品へさかのぼって見ていくのも楽しいですよ!

瑠川リナ【活動期間:2010年~15年】瑠川リナの引退作は、本人脚本による理想の同棲生活。デートで甘えてくるラブラブエッチから、本気で感じる激しいエッチまで見逃すな! 『瑠川リナ 引退』(SOD star)

(構成・文/浜野きよぞう)