週プレNEWS TOP ニュース スポーツ 日本を愛するルチャのレジェンドが凱旋!「皆さんのおかげで“スペル・エストレージャ”になれたよ」

ニュース

日本を愛するルチャのレジェンドが凱旋!「皆さんのおかげで“スペル・エストレージャ”になれたよ」

[2016年09月04日]

屋外での撮影中「これ何の音? 鳥? 蜂?」と反応したのは蝉の声。メキシコにいないようで、木の幹に止まった蝉を「刺したりしないよね?」と安全な距離から凝視しておられた

屋外での撮影中「これ何の音? 鳥? 蜂?」と反応したのは蝉の声。メキシコにいないようで、木の幹に止まった蝉を「刺したりしないよね?」と安全な距離から凝視しておられた

―ちなみに、どうして「カリスティコ」という名前に?

カリスティコ 僕はオリジナルの初代ミスティコだけど、CMLLに戻ってきた時、そこには既に2代目のミスティコがいた。だから変えたんだけど、「ミスティコ」と「シン・カラ」のふたつをフュージョン(融合)させて「カリスティコ」にしたんだ。

―なるほど。リングネームの権利が団体にあるのは確かによくある話で、変えざるを得なかったと。では独立した今、これが最後のリングネームと考えていいですか?

カリスティコ そう。だって今は完全に僕の名前だからね。僕のブランドっていうのかな、僕の名前だし、マスクデザインだから。今は全て自分のものなんだ。もう変えないよ(笑)。

―ところで2代目のミスティコについてはどう思いますか?

カリスティコ …(飲んでいたコーラの細いストローを無言で持ち上げる)。

―と言いますと?

カリスティコ フラコ(痩せてるね・笑)。

―(笑)。

カリスティコ でも彼の話はこれ以上できないな。話したら、彼と最初の戦いをしなきゃいけなくなる。そして誰がオリジナルかっていうのを見せてやらなきゃいけなくなるからね(笑)! でもお客さんはみんな、新しいミスティコは僕の“初代ミスティコ”とは大違いだとブーイングも起こしてる。みんな知ってるよ、いつだってカリスティコが本物のミスティコだってことはね。

―あなたの「ミスティコ」としての最後の試合が、実は日本だったんですよね?

カリスティコ そうなんだよ~。ファンタスティカマニアでね。あの試合は本当に良かったよ! ひとつはアベルノとの試合だったこと。あと、タナハシ(棚橋弘至)、プリンス・デヴィットと僕でタッグを組めたしね。そういう試合が「ミスティコ」としての最後の試合になったのは良かった。アメリカに行く直前で慌ただしかったけど、いい最後だったよ。

―その試合以降、日本にも根強いファンがいて、中でも多いのが、あなたの得意とする空中殺法について「飛んでいる時は何を考えているんですか?」というものです。

カリスティコ 何も考えてないよ。考えてる時は良くないんだ…失敗しちゃう。完全に頭の中は空っぽにして、リングの下にいる対戦相手を見て上に飛ぶだけ。そしてブリンコ、ブリンコ、イ、ブエロ(跳ねて、跳ねて、飛ぶ)って。下に落ちてからやっと拍手と歓声が聞こえて、周りの人が見えるって感じかな。ちょっと難しいよ。

―そりゃ難しいでしょう! その最後の試合の後には会場の外に集まったたくさんのファンひとりひとりに丁寧にファンサービスされたとか(※現在は会場外でのサイン等は禁止)。

カリスティコ 僕はね、ファンに感謝の気持ちをいつだって伝えたいし、一緒にいるのも好きなんだよ。有名になったらファンと過ごさなくなったり態度が悪くなる選手もいるけど、僕は違う。時間があろうがなかろうが関係なく、ちゃんと接していたいんだよね。


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jan.8th 2O18 no.1・2
  • No.52 Dec 25th 2017
  • No.51 Dec 18th 2017
  • No.50 Dec 11th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】華村あすか、2017年最高のシンデレラ。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.1&2