週プレNEWS TOP ニュース エンタメ 今年50歳を迎えた田島貴男が明かす『接吻』誕生の秘密 「ラブソングを通らずに何が表現だ!」

ニュース

今年50歳を迎えた田島貴男が明かす『接吻』誕生の秘密 「ラブソングを通らずに何が表現だ!」

[2016年12月01日]

週プレと同じく、今年50歳を迎えた田島貴男さん

今年、メジャーデビュー25周年を迎え、ますます精力的に活動するオリジナル・ラブ

4月には、若手バンドCeroやペトロールズをゲストに迎え、初めてとなる主催イベント「Love Jam」を開催。6月にニュー・シングル「ゴールデン・タイム」もリリースした。

また田島貴男ソロとしては、「弾き語り」ライヴと「ひとりソウルショウ」をコンスタントに開催し、フットワーク軽く全国各地を飛び回っている。

実は、田島貴男と『週刊プレイボーイ』は同じ1966年生まれ。そこでエネルギー満ち溢れる同級生である彼を直撃! 50年を振り返ってもらいつつ、ミュージシャンとしての現在の心境まで語ってもらった。

―今年は創刊50周年なんですが、同じ1966年生まれということで、田島さんは週プレをご覧になったことあります?

田島 見てたね。アグネスラムとか週プレで見たのを覚えてるし。

―好きなアイドルなんかいたんですか?

田島 中学の頃は石野真子さんが好きだったね。当時住んでた兵庫の芦屋のスーパーに営業で来たことがあって。可愛いなぁって。

―石野真子さんの水着グラビアにムラムラしたりも…。

田島 それはちょっとあったかもね。あはははは。

―田島さんご自身にも過去何度か出ていただいてます。他のミュージシャンは趣味の話とかするのに、驚くほど音楽しか喋ってなくて。

田島 (週プレのバックナンバーを眺めながら)本当だ(笑)! まぁでも音楽のことばかり考えてたからね。

―そもそも、ミュージシャンになろうと決めたきっかけは?

田島 元々、なろうと思ってなったわけじゃないけど、大きかったのは中2の時に見たポリスのコンサート。本当に素晴らしかった。最初、暗闇の中、曲がテープで流れるんですよ。で、それがいつのまにか生演奏とすり替わってて。「あれ?」と思った瞬間、突然スポットライトが点灯してスティングがステージに立ってる。それがカッコよすぎてね。こっそりテープレコーダーで隠し録りしてたけど「ウォォッ!」って僕と一緒に行った友達の絶叫しか入ってなかったくらい(笑)。

その辺からパンク、ニューウェイブに熱狂しちゃった。その後、曲を書くようになったけど、気持ちはいつもロンドンの片隅にいましたから。そうしたらいつの間にかミュージシャンになってた感じですね。

田島貴男5180


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • May 14th 2O18  no.19・2O
  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.19&20