週プレNEWS TOP 連載コラム 美メンズ変身講座 居酒屋がダイエット食の宝庫? 忘年会シーズンに太らない方法

連載コラム

居酒屋がダイエット食の宝庫? 忘年会シーズンに太らない方法

[2016年12月07日]

居酒屋でのファーストオーダーは、食物繊維の豊富な「野菜」「海藻」「きのこ」などをチョイス!

忘年会シーズンを迎えるたびに、財布の中身と反比例して増える体重。とはいえ、悲しいかなサラリーマンである以上、仕事の付き合いなどで断ることは難しい。この際、体重増加には目をつぶるしかないのか?

しかし、「居酒屋こそダイエット食の宝庫なんですよ!」と訴えるのは、日本メンタルダイエット協会代表で、ダイエットインストラクターの小林一行(いっこう)氏だ。

小林氏は、過去25年間でゆうに10回以上、ダイエットに失敗。痩せては太るを繰り返し、ピーク時には80kgを超えたという。しかし、その後2年間で25kgのダイエットに成功し、現在まで10年以上、その体形をキープしているのだ。

「昔はビールを飲まないダイエットをしてたんですけど、好きなビールをやめる=痩せたら飲めるっていう考えになってしまう。だから飲んだ瞬間、ダイエットが終わって、リバウンドに向かっていったんですよ」

お酒が好きで、飲み会にもよく参加していたという小林氏。そこで考えたのが飲みにいった際の、“食べ方”だ。

「いわゆる“食べる順番ダイエット”“糖質制限ダイエット”を掛け合わせたやり方ですね。制限といっても糖質を多く含んだ炭水化物も食べてましたけどね。ストイックにやっても続かないから我慢することは止めて、“ストレスゼロ”で痩せることを目指したんです」

元々スポーツをやっており、大盛りの牛丼やラーメンをかっ込むという、THE体育会系メシが好みだったそう。そんな彼にとって、米や小麦粉は心の友。主食はなくてはならない存在であり、我慢はできなかった。糖質制限とは矛盾しているように思えるが、具体的にどんな方法で制限していたのか。

「血糖値を上げないように、先に糖質の含まれていないものを食べて、満腹に近づけます。そうすることで主食の量を減らし、糖質の摂取量を“制限”していました」

血糖値とは、血液中に含まれるブドウ糖の割合のこと。血糖値が上がるとそれを抑えるためにインスリンが分泌される。しかし、このインスリンは脂肪の合成を促進させるという作用を持ってしまっているのだ。つまり、血糖値が急上昇してインスリンが大量分泌されるほど太りやすくなる。

「そこで重要になってくるのが、食物繊維です。胃腸の調子を整えるという効果以外に『血糖値の上昇を緩やかにする』作用もあるんです。だから野菜を最初に食べて、それから肉や魚などのタンパク質がメインの食事を。それでも足りなければ、揚げ物や炭水化物を食べましょう」


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』
    • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017