週プレNEWS TOP 連載コラム 美メンズ変身講座 “締めのラーメン”問題も我慢せずに? 忘年会で太らないお酒の飲み方とは

連載コラム

“締めのラーメン”問題も我慢せずに? 忘年会で太らないお酒の飲み方とは

[2016年12月14日]

飲んだ後に、どうしても締めのラーメンが食べたくなったときは…?

飲み会が続き、さらにはお正月とお腹周りの肉が気になる年末年始。それでも誘いがあれば断れないし、じゃあ運動しろと言われても、忙しくてそんな時間はないのが現実だ。

しかし、着々と肥える肉体を傍観し、春先からダイエットを…と思っている人に朗報だ。「いくら飲み会に参加していても太らずに済む方法がある」という。

そんな心強い言葉をいただいたのは、日本メンタルダイエット協会代表でダイエットインストラクターの小林一行(いっこう)氏。小林自身、実際に週3、4回は飲みに行きながらも体形をキープしている。

前編では、太らないための飲み会での食事法をお伝えした。食物繊維を含む野菜などを中心としたメニューを最初に注文することで、血糖値を上げにくくし、さらに満腹感を得るようにするのだ。

それだけでなく、お酒の飲み方も工夫することでさらに太りにくくすることができると小林氏は言う。よくビールは太りやすいと言われるが、飲むものを変えろということなのか?

「確かに醸造酒と言われるビールや日本酒、ワインは糖質がお酒に残っているので太りやすいとも言えます。しかし、蒸留酒である焼酎・ウイスキーと比較してもわずかな差。最初は好きなものを飲んで、後半はハイボールにするなど、それくらいでいいですよ。そこまで無理する必要はありません」

好きなお酒を我慢してストイックになる必要はないというのだ。

「カロリーもビールのほうが高いです。ただ、『どちらかといえば』という程度の差。それにアルコールによって体温が上がることで、カロリー消費されるので、そこまで気にするほどのことではないんです」

文部科学省の食品成分データベースによると、ビール(淡色)100gで40kcal、ウイスキーは100gで237kcal。1杯に置き換えると、ビール(中ジョッキ・300ml)は120kcal、ウイスキー(シングル・30ml)約80kcalと、約40kcalしか変わらない。

もちろん体質によるところもあるが実際、小林氏はビールを毎日3本飲んで25kgのダイエットに成功した。では、何に気を付ければいいのか。

「それ以上に大事なのは、飲酒による食欲の暴走を抑えることです。アルコールには食欲を増進させる効果があります。そして、利尿作用によって体内の水分もなくなるので、水分摂取のため食べ物にも手が伸びてしまいます。だからお酒を飲む際は一緒に水を飲んでください。そうすることで、締めにラーメンを食べずに済みますよ」


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16
  • Apr. 9th 2O18  no.15

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.18