週プレNEWS TOP ニュース エンタメ 熊田曜子と磯山さやかが語るグラドル黄金期「反響がなければ、この露出が普通になるって危機感が…」

ニュース

熊田曜子と磯山さやかが語るグラドル黄金期「反響がなければ、この露出が普通になるって危機感が…」

[2016年12月26日]

週プレグラビアの思い出を語ってくれた熊田曜子(左)と磯山さやか

グラビアアイドル黄金期と呼ばれる、2000年代前半にデビュ―し、今なお現役で活躍するふたりのレジェンド・熊田曜子磯山さやかの対談が、『週刊プレイボーイ グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR 2017』(12月26日発売)で実現! 

2トップのふたりに、グラビア愛や週プレの思い出などを語ってもらった!

* * *

―おふたりは、熊田さんが2001年、磯山さんが2000年とほぼ同時期のデビュー。昔から仲もすごくいいそうですね。

熊田 よくご飯に行きますよ。

磯山 デビュー直後、ある企画で1週間ハワイで一緒だったんですよ。同世代の女子がそばにいるのがうれしくて、すぐ仲良くなりましたね。

―2000年代初期はグラビア黄金期といわれますけど、どんな感じだったんですか?

熊田 それまではグラビアって女優やタレントへのステップ的な位置づけで。でも私たちの頃から、グラビアを本業としてやる人が急に増えたんですよね。

磯山 当時は雑誌も多かったし写真集もDVDも売れてたし。業界に活気があったからみんな派手にやってましたね。

―おふたりと同時期に活躍したのは小倉優子さん、MEGUMIさん、ほしのあきさん、若槻千夏さん、井上和香さんら、錚々(そうそう)たる面々! 当時は撮影も贅沢だったと聞きます。海外ロケも多かったのでは?

熊田 撮影前に行きたい場所を聞かれるんですよ。それでバリとかグアムとか、イタリアにも行きました。特にグアムはコーディネーターさんに年間で一番多く来たって言われました。途中からは撮影はもう都内で十分って本気で思ってましたもん!

磯山 私もグアムとサイパンにはよく行きました。食事も予算を気にしないでいいよって、なんでも食べさせてもらいました。

熊田 覚えてる? 最初のハワイのとき、エルメスのバッグを買ってもらったよね。私はえんじ色で、いそっちは紺色で。

磯山 あった! スタッフさんとお店に行って好きなの選んでいいよって言われたけど、自分では選べなくて。そうしたらこれにしたらって渡されたの。

熊田 驚いたよね。グラビアってなんて素晴らしい世界なんだって。でもそんなことはそれっきりでしたけど!(笑)

熊田曜子、2004年9月14日号 撮影/井ノ元浩二 アダルトなムードの表情と、なだらかなS字の見事なボディライン。その美貌は、長年変わることがない

熊田曜子、2004年9月14日号 撮影/井ノ元浩二 アダルトなムードの表情と、なだらかなS字の見事なボディライン。その美貌は、長年変わることがない


週プレ グラジャパ!
週プレモバイル

『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.49 Dec 4th 2017
  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.49

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!