週プレNEWS TOP 連載コラム 美メンズ変身講座 その痛みの原因は“筋膜”? 注目の「筋膜リリース」で日常のコリとおさらば!

連載コラム

その痛みの原因は“筋膜”? 注目の「筋膜リリース」で日常のコリとおさらば!

[2016年12月28日]

手足を伸ばしたり身体をひねったりすることで、身体の痛みやコリをとっていく「筋膜リリース」

今年の疲れは今年のうちに…! というワケで、大注目の健康法「筋膜リリース」に挑戦。道具を使わず、手足を伸ばしたり身体をひねったりすることで、身体の痛みやコリをとっていく医学に基づいたメソッドだ。

前回に引き続き、11万部を突破した『自分でできる!筋膜リリースパーフェクトガイド』の著者である筋膜リリースの第一人者で理学療法士・医学博士の竹井仁(ひとし)先生に話を聞いた。

* * *

「筋膜」とは、筋肉の上を包み込む5つの膜ということは前編記事でも説明した。この筋膜をほぐすことで日常の身体のクセや偏った動作などで凝り固まった身体を解放してくメゾットが「筋膜リリース」である。

なぜリリースしなければいけないのか? それはこの筋膜に痛みなどの問題が生じると、実はちょっとやっかいだからだ。というのも、筋膜が痛くなるのでなく関節周辺に痛みを感じるという。

「理由は筋外膜・筋周膜・筋内膜のコラーゲン線維が並行して並ぶように形を変えて、腱になっているからです。緊張した筋肉が腱を引っ張り、さらに腱が関節の関節包という袋を引っ張ることで、痛みの受容器が”痛い”と感じます」

本当は筋膜が痛いのに、ひざや腕や別の部位に痛みが生じるのだ。おまけに、筋膜に起きたトラブルを他の部位がかばうことで、深筋膜を介して身体の広い範囲へ筋膜異常が波及してしまうとか。そうなると、どうなるのか?

「筋膜が自分の力でほぐれられなくなり、正しい姿勢を保ったり、正しい動作が制限されます。筋膜痛、筋出力や柔軟性の低下、運動パフォーマンスや日常生活活動の低下などが起きてしまいます。

また、筋膜は血管や神経およびリンパ管を支持するほかに、それらを(縦方向に)通過させるという重要な機械的機能もあります。そのため、筋膜がねじれると筋や血管、神経までもが影響を受けることすらあるのです」

この筋膜のねじれやよじれを元に戻し、筋と筋膜の正しい伸縮性を回復させて、筋肉を正しく動かすようにすること。これが「筋膜リリース」なのだ。

筋膜

皮膚から筋肉までの構造。『自分でできる!筋膜リリースパーフェクトガイド』より

竹井仁先生は、この「筋膜リリース」を1995年に訪れたアメリカでの3ヵ月の研修で知った。

「当時は日本で全く知られていないことで、カルチャーショックでしたね。学んでなかったですし、日本では解剖学の実習でも筋膜を剥がして筋肉を露出させるので筋膜の機能を重要視していませんでした。でも、解剖をすれば筋膜が全身をくまなく包み、足までつながっていることは一目瞭然です」

筋膜の件では、日本はかな~り遅れていたということ。そこで、帰国した竹井先生は研究を重ねて日本における筋膜リリースの第一人者になったわけだ。


キン肉マン超人総選挙2017告知

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.27 Jul 3rd 2017
  • No.26 Jun 26th 2017
  • No.25 Jun 19th 2017
  • No.24 Jun 12th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】浅田舞、進化した“美BODY”を魅せつける!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
  • 綾瀬はるか写真集『BREATH』
  • 『週プレ クルマ増刊』
  • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.27