週プレNEWS TOP ニュース 政治・経済 日露首脳会談は大成功だった? ロシアが嫌がる日米安保条約でプーチンが示したメッセージ

ニュース

日露首脳会談は大成功だった? ロシアが嫌がる日米安保条約でプーチンが示したメッセージ

[2017年01月10日]

鈴木宗男氏(左)と佐藤優氏(右)による対談講演会「東京大地塾」。集中連載第二回目のテーマは「北方領土交渉」

鈴木宗男・新党大地代表と、元外務省主任分析官で作家の佐藤優氏による対談講演会「東京大地塾」(2016年12月22日開催)。

週プレNEWS集中連載第2回目のテーマは、新しい局面を迎えつつある北方領土交渉。(第1回参照「金正恩氏暗殺計画が現実に? 北朝鮮の核脅威より怖ろしい韓国の対日圧力とは」

2016年12月15、16日に行なわれた日露首脳会談。多くのメディアがこの会談をネガティブな内容で報じたのに対し、両氏は今回の会談を“大成功”であったと振り返る。果たして、その理由は…。そして北方四島返還の為に今、政府と外務省がすべきこととは?

■日露首脳会談が成功といえる理由

鈴木 2016年12月15、16日に行なわれた日露首脳会談は大成功に終わったと受け止めておりますが、佐藤さんはどのようにお考えでしょうか?

佐藤 成功か失敗かをどこで評価するかの基準は、どのような目標を設定したかによります。仮に日本政府が歯舞群島、色丹島の引き渡しの実現を設定していたならば失敗ですが、そんな目標は初めから設定していません。

今回の交渉の目標は、領土問題や経済活動について日露でちゃんと交渉できる環境を整えるということです。その観点で見た時、今回の首脳会談は大成功だったといえます。

2016年12月16日の共同記者会見で安倍首相は「島での経済活動のための特別な組織を作り上げ合意を締結し、協力のメカニズムを作り、それをベースにして平和条約問題を解決する条件を作り上げていく」とし、平和条約の締結を一義的なものとしてあげています。

そして、プーチン大統領も安倍首相に対して「安倍首相の提案を実現していけば、この島は日露間の争いの種ではなく、日本とロシアを繋ぐ存在になりうる可能性がある」と発言しています。四島での共同経済活動を通じて信頼関係を構築し、深めていくことが歯舞群島・色丹島の引き渡しに繋がるというわけです。

鈴木 では、まず何から手をつけていくべきでしょうか?

佐藤 早く空の自由訪問をやるべきですね。船便だと波の高い季節は使えない上に、高齢の方は体力的に利用しづらい。だから中標津空港から択捉、国後にチャーター便を飛ばして、季節を問わず1年中行き来できるようにすべきです。

それから、向こう1年以内に共同経済活動で水産加工工場、サプリメント工場、病院などを作る。日本国民の信用を保つためにも目に見える成果を上げなければいけません。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018