週プレNEWS TOP 連載コラム 美メンズ変身講座 人は1日6万回も思考している! 疲れた心をリセットする“心の整理術”とは?

連載コラム

人は1日6万回も思考している! 疲れた心をリセットする“心の整理術”とは?

[2017年01月25日]

自分の呼吸に意識を向け、お腹の膨らみ・縮みを感じる…それだけで脳の構造まで変化する!?

仕事のミスで上司に怒られ、女のコの何気ないひと言に傷つき…。社会生活をしていれば、誰だって日々へこむような出来事はあるはず。

だが、それらをいちいち引きずっていてはストレスがたまる一方だ。今年こそは心機一転、些細なことにとらわれない強いメンタルを手にしたい。

そこで最近、エリートビジネスマンに実践者も多いというメンタルトレーニング法「マインドフルネス瞑想」に注目だ。『マインドフルネス瞑想入門』の著者である吉田昌生(まさお)氏に話を伺った。

*    * *

スティーブ・ジョブズ、ビル・ゲイツ、松下幸之助など世界のトップ経営者にも実践者が多いという「瞑想」。近年では、グーグル、インテル、アップルなどの有名企業も社内研修プログラムとして「マインドフルネス瞑想」を取り入れているという。

吉田氏によると、その効果は「集中力が高まり仕事がはかどる、ストレスが解消され心が穏やかになる、直観力や創造性が高まる、揺るぎない自信が生まれる」等々、何やらいいことずくめ。

しかし「瞑想」というと、座禅を組んで目をつぶり心を無に…と仏教修行のようなイメージが浮かぶが、「マインドフルネス」とはどういう意味なのか?

「マインドフルネス瞑想は『気づき』『自覚』を養うメンタルトレーニングです。今という瞬間に常に注意を向け、自分の感覚や感情、思考を冷静に観察している心の状態=マインドフルな状態に持っていくことが目標。考えごとでいっぱいの私たちの心をリセットする“心の整理術”と言ってもいいでしょう」

私たちは、過去や未来のあれこれにとらわれ「心ここにあらず」な状態になりがち。しかし、このトレーニングをすれば、雑念にとらわれず「常に今ここに100%集中する」自分になれるのだという。その基本となるのが「呼吸瞑想」だ。

「やり方は簡単です。姿勢を正して自分の呼吸に意識を向ける。意識がずれたことに気づいたら、注意を呼吸に引き戻す。これを繰り返すだけです」


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 9th 2O18 no.28
  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】小倉優香、タイで見せた新しい顔。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.27