週プレNEWS TOP ニュース IT・テクノロジー アメトーーク!で人気のiPhone芸人・かじがや卓哉が教える「ビジネスにも使えるiPhoneテク」

ニュース

アメトーーク!で人気のiPhone芸人・かじがや卓哉が教える「ビジネスにも使えるiPhoneテク」

[2017年02月01日]

『アメトーーク!』の「iPhone使いこなせてない芸人」に三度も指南役として出演したかじがや卓哉

iPhone6購入のため、Apple Store前で10日間も並ぶほどiPhone好きのピン芸人・かじがや卓哉

“iPhone愛”が高じて、最近ではバラエティー番組『アメトーーク!』の「iPhone使いこなせてない芸人」に3度も指南役として出演、そのマニアックすぎる詳しさでお茶の間を驚かせた。

そのiPhone愛は、所属するよしもとの間でも知れ渡っており、芸人らから相談される件数は年間1千件超!?にもなるという。iPhone5発売時には「iPhone5よりかじがやの予約が取れない」と言われるまでに…(苦笑)。

いろんな人からのiPhoneの相談に答えるうちに、なんでもわかると勘違いされているのか、最近では「ライブのチケットが売れないんだけどどうしたらいい?」などiPhoneに全く関係のないとんちんかんな相談まで舞い込むほど芸人仲間に信頼されているらしい。

今回はそんな達人・かじがやさんに「ビジネスにも役立つ!2017年をハッピーにするiPhoneテク」を教えてもらったぞ!

<その1:音声入力を使うべし!>

デキるビジネスマンの基本は、プレゼンや会議の資料、報告書などの文書作り。しかしキーボードで長文を打つのが面倒な時もある。ウケる企画書の前フリを思いついても、荷物が多いし手帳はカバンの奥底に…という場合も。そんな時こそ音声入力を使おう!

かじがや:喋ったことを文字にしてくれる機能は知られていますが、普通に喋る速さでも処理してくれることは、あまり知られていないんですよね。これまであった音声認識ソフトと比べても、認識率は比べ物にならないくらいに優れていると思います。

前後の文章との関係性で処理して変換するので、精度がすごく高いんですよ。自分の声を登録する必要もなく、そのまま使えるのも手軽でいいですね。キーボードのマイクボタンを押し、句読点や改行も「まる」とか「改行」と言葉にすると、完全に文章を作ることができます。

例えば、メモを開き、キーボードのマイクボタンを押すと、音声入力が始まります。そのほかメールやSafariの検索窓など、キーボードで入力できる場所ならどこでも活用できます。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Mar. 5th 2018 no.10
  • Feb. 26th 2O18 no.9
  • Feb. 19th 2O18 no.8
  • Feb.12th 2O18 no.7

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】鈴木友菜、グラビア界に天使現る。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018』
  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.10