週プレNEWS TOP 連載コラム こんな会社で働きたい! 【こんな会社で働きたい!】残業は月1時間未満。過酷な介護業界でパートも昇給するホワイト経営を貫くHSA

連載コラム

【こんな会社で働きたい!】残業は月1時間未満。過酷な介護業界でパートも昇給するホワイト経営を貫くHSA

[2017年02月12日]

そこから冒頭のような多岐にわたる福祉サービスを展開することになるのだが、今では従業員の給料も業界では「上」クラス。たとえば、業界内でのケアマネージャーの平均年収は360万円前後だが、HSAでは入社2年目の35歳職員で約421万円。それでも毎年、黒字経営を続けている。

現在に至るまで、いかにしてこれほど優良な企業に育ったのかーー。

●決定権は社長ではなく社員にある

HSAは創業から赤字になったことはないが、最初の3年間、会社を軌道に乗せるため、田中さんは無給だったという。生活はサラリーマン時代の貯金を原資にアパート経営や投資で乗り切っていた。

今は社長としての給与を得ているが、話を聞くと、これもいつゼロになってもおかしくないという。

「ウチでは、会社の利益に対し社長のサラリーは何%と決められているんです。だから赤字だったら僕のサラリーはゼロになる。でも、社長が無給であっても、必要な事業であれば必ず成立する、維持できる。それでいいと思っています」

HSAの特色のひとつは、社長自身に決定権がないことだ。

決定権は役員5名で構成する「最高経営会議」が持つ。ところが、そこに田中社長の名前はない。事業内容を決めるのは社長ではなく、社員なのだ。

「ウチでは社長はトップではありません。トップは『基本理念』です。日本でいえば、憲法の下に天皇も総理大臣もいる。ウチもそうです。憲法に該当する『基本理念』に社長の僕も従うんです。それが本当の民主主義です」

その基本理念にはこう書かれている。

『理念の前では皆平等、多様な才能と自由な議論』

「HSAが目指すのは人間力を学ぶ『社会学校』であることです。お互いが仕事を通じて人間力を高めていける会社。働く人が“生きがい、働きがい”を感じられる会社づくりをしていきたいと考えています。

人が成長するのは『できないことに挑戦するとき』や『考えの違う人にであったとき』です。今できることだけをやっていたら、成長などありません。できないことをやるからこそ、成長できます。変わるからこそ、成長できます。自分と同じ意見を持った人同士が固まっていたら成長はできません。

価値観の違う人を否定するのではなく、理解しようと努力し、意見を交わすから成長できるのです。HSAはそんな変化と多様性を大切にできる『社会学校』を目指しています」


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jan.8th 2O18 no.1・2
  • No.52 Dec 25th 2017
  • No.51 Dec 18th 2017
  • No.50 Dec 11th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】華村あすか、2017年最高のシンデレラ。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.1&2