週プレNEWS TOP ニュース エンタメ ロンブー・田村淳が『日本人失格』に込めた強烈な批判と皮肉 「事務所から規制されたり、自分自身で規制していた主張を活字に乗せました」

ニュース

ロンブー・田村淳が『日本人失格』に込めた強烈な批判と皮肉 「事務所から規制されたり、自分自身で規制していた主張を活字に乗せました」

[2017年02月15日]

―逆に、制御ボルトを外しての主張の展開に怖さを感じませんでしたか?

田村 怖さというのは、あまりにも書き綴った内容がストレート過ぎて批判的な意見が集中するってこと?

―そうです、そうです。

田村 う~ん、まぁ僕の場合、書籍だけじゃなく、TVのMCにしろ、何をするにしても、常に批判の対象になっているじゃないですか。たぶん、揚げ足を取られやすく、足を引っ張りやすいタレントのひとりだと思うんですよ。なんかこう、背中にヒモみたいなもんがブラ下がっていて、いつも誰かがそのヒモを引っ張って引きずり落とそうと虎視眈々と狙っているような、そんなイメージがある(笑)。

―自分を客観視してるというか、それは実にわかりやすいイメージ。

田村 もしかすると、世の中的に僕って、ズバ抜けた才能がないくせにTVの中で威張っているみたいな受け止められ方をしているのかも。そう思われているから、余計に背中のヒモを引っ張って、引きずり落としたくなっちゃうんじゃないですかね、僕を嫌いな人たちは。芸能界においてそういう位置にいるんだなってことは僕自身、昔からよくわかっているんです。

けど、引っ張られて潰れるようなタレントにはなりたくねえなと思ってて。例えば、僕が不倫をして、それをネタにすんげえ数の人たちが一斉にヒモを引っ張ったとしても、結果的に“あいつ、なんだかんだありながら元の位置に戻ってるぜ”と言われるようなタレントでありたいな、とは思ってますね。

―なるほど、はい。

田村 だから、『日本人失格』を読んでくれた人たちの何人かが、書かれている内容を格好のネタにして、嬉々として背中のヒモを引っ張ろうとするはず(笑)。それはもう、想定内なんですけど、僕の意見に賛同してくれる人たちもたくさんいると思うんですよね。そういう人たちって、なかなか表に出てこないんですよ。逆に、今の時代はネガティブな意見ばかりが偉そうな態度でひとり歩きしている状態ですし。

そんな感情に任せたマイナスの意見に、企業やメディアが振り回されている現状はいかがなものかと思いますけどねぇ。もっと自分たちが提供しているものに自信を持てばいいのに。『日本人失格』も、マイナス意見がいっぱい出てくる話を提供してますが、そういう負の意見よりも賛同の意見のほうが多いだろうと信じてはいます。

◆後編⇒“日本人失格”に誇りを感じているロンブー・田村淳 「人に踊らされた人生ってつまんないじゃないですか。疲れるだけ!」

『日本人失格』
集英社新書 720円+税

日本人失格


週プレ酒場 今日もやってます!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.28 Jul 10th 2017
    • No.27 Jul 3rd 2017
    • No.26 Jun 26th 2017
    • No.25 Jun 19th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】浅田舞、進化した“美BODY”を魅せつける!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
    • 綾瀬はるか写真集『BREATH』
    • 『週プレ クルマ増刊』
    • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
    • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

     

    プレイボーイコミックス

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.28