週プレNEWS TOP ニュース 社会 日本人の働き方をホリエモン×ひろゆきが本音で指摘 「やりがいや生きがいを求めず、稼ぐための手段と割り切るほうがいい」

ニュース

日本人の働き方をホリエモン×ひろゆきが本音で指摘 「やりがいや生きがいを求めず、稼ぐための手段と割り切るほうがいい」

[2017年02月22日]

仕事にやりがいや生きがいを求めず、稼ぐための手段と割り切るほうがいい?

 「ワーク・ライフ・バランス」を目標とする「働き方改革」。残業時間上限を月平均60時間とする案も発表されたが、本当に日本人の働き方は変わるのだろうか。

『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」で、“ホリエモン”こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏が、前編記事に続き、これからの時代の働き方を議論する!

* * *

ひろ ちなみに働き方でいうと、企業が従業員を解雇しやすいアメリカの失業率って約5%なんですよ。一方で、解雇しづらいフランスはアメリカよりも高い約10%。「解雇しづらいから人を雇わない」という流れが加速しているんです。

ホリ 足りない労働力は、外注とかフリーランスの人に頼むことで補っているんだろうね。

ひろ 日本も解雇しづらいので、そういう流れになりそうですよね。外注なら残業の制限も解雇規制もないですからね。特にテレビの番組制作やゲーム開発とか、やりたい人がいっぱいいる仕事ではフリーランスやボランティア的な働き方が増えていきそうな気がします。

ホリ だからこそ俺は『堀江貴文イノベーション大学校』というオンラインサロンをやってるんだよ。

ひろ 「だからこそ」ってのは、どういう意味ですか?

ホリ サロンでは「俺がおもしろいと思うこと」や「会員自身が好きなこと」を自主的にやって、文化祭的なノリで街フェスなんかも開催してる。で、俺は給料を払うどころか、会員から月に1万円ずつ会費をもらってるんだよ。

ひろ ボランティアもそうですけど、自分の好きなことや、やりがいがあることならタダでも作業をしたいっていう人はいますからね。そして、それが清掃活動なのか、堀江さんに関連することなのかの違いだと。んで、そういう人たちを組織するときに、あえて「会社」や「仕事」という枠組みにしなかったってことですね。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』
    • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017