週プレNEWS TOP 連載コラム 美メンズ変身講座 ダイエットは舌から?「やせる味覚」を作る3つの方法

連載コラム

ダイエットは舌から?「やせる味覚」を作る3つの方法

[2017年05月17日]

「朝イチ生野菜」を2週間ほど続けると、味覚が変わり『おいしい』と感じるようになるという

糖質制限やトレーニング法など、様々な情報が出回るダイエット。その多くはカロリー摂取を抑えて消費を促す方法であり、要は“摂生”だ。

とはいえ、ついつい甘い物をつまんでしまったり高カロリーな物に手が伸びてしまう。そうした中で刊行された『やせる味覚の作り方』という本が話題だ。

味覚が鈍化してしまっている現代人――前編ではその理由を説明したが、著者の小倉朋子さんによれば、そうした味覚低下が太る原因になっているという。一体、どういうことなのか? そして「やせる味覚」はどうすれば作れるのか、その方法を聞いた。

そもそも自分に味覚低下が起きているか、チェックする方法はあるのだろうか。

かんぴょうや生の大豆でとった出汁(だし)がおいしいと感じられるかどうか。もしくは白菜の茎を生でそのまま食べた時に甘いと思えるかも確認しやすいでしょう」

昆布や煮干しの出汁は味が濃いので、かんぴょうや大豆がオススメだという。

では、低下してしまった味覚を正常に戻すには? まず、ひとつ目として小倉さんが勧めるのが「朝イチ生野菜」だ。

「まずは基本を知るために、味付けしていない野菜を朝一番に食べましょう。味覚低下しているとあまり味を感じないはずですが、2週間ほど続けていくとだんだん味覚がぐわーっと変わって『おいしい』と感じるようになります

つまり、味の薄い生野菜を食べ続けることで、舌をリセットするのだ。野菜のおいしさがわかるようになれば五感が呼び起こされ「普段の食事も濃い味のものに偏らなくなってくる」そう。選択肢が広がることで、味の濃い高カロリーな食事を減らせ痩せやすくなるというわけだ。

ちなみに「朝イチ生野菜」のオススメはキャベツなどの葉物キュウリ、もしくはプチトマトだ。

「できれば栄養価も高い旬の野菜がベストです。ただキュウリやキャベツであれば、そのまま食べられるので面倒臭がりな男性でも簡単にできますよね。また、歯ごたえのある生野菜はよく噛む必要があるため、満腹中枢も刺激され太りにくくなります」

もし飽きてしまった場合は、いろいろな種類の塩を付けて食べ比べをしてみたり、茹でてみてもいい。小倉さんはゆで卵ひとつ食べるのに10種類の塩を使って、じっくり味わうという。

塩もいろいろな種類があるので、食べ比べてみるのも楽しい

塩もいろいろな種類があるので、食べ比べてみるのも楽しい


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O
  • Apr.30th 2O18 no.18

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.22

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018