週プレNEWS TOP ニュース IT・テクノロジー “現代の魔法使い”落合陽一の主張「“超AI時代”を生き抜くために今を食い散らかせ!」

ニュース

“現代の魔法使い”落合陽一の主張「“超AI時代”を生き抜くために今を食い散らかせ!」

[2017年05月26日]

教育勅語からスマホへ、『攻殻機動隊』から『ひるね姫』へ。社会の劇的変化が示す新たな人生論について語る落合博士

“現代の魔法使い”こと落合陽一が、人類の未来を予言する『週刊プレイボーイ』の月イチ連載『人生が変わる魔法使いの未来学』。

29歳にして5階級特進! この4月、デジタルネイチャー研究室創設3年目にして、筑波大学学長補佐に就任した落合博士。昼も夜もなく働く彼は最近、これからの「超AI時代」を生き抜くための“真理”に気づいたという。 前編に続き、その心を聞いた。

* * *

落合 3月に公開されたアニメ映画『ひるね姫~知らないワタシの物語~』の神山健治監督と先日、対談したんです。神山監督といえば、『攻殻機隊 STAND ALONE COMPLEX』シリーズの監督としても有名ですが、そのときの話がむちゃくちゃ面白かったんです。

神山監督いわく、『攻殻機動隊』では、それぞれの人間が目指す方向とか、社会の目指す方向というのが確固として存在して、それに対して自覚的、主体的に行動することが前提になっていた、と。その主体性の象徴が、脳の中のゴーストだったわけです。

ところが、今回の『ひるね姫』という作品はまったく違います。主人公の少女は、大人の社会のことは何もわからないし、将来に対するビジョンもない。目の前に提供されたものだけを判断基準にして、性格のよさと健全性ですべてを解決していくんです。これを神山監督が撮ったというのは、ものすごい変化だなと思って、なぜなのか聞いてみたんです。すると、神山監督はこう言いました。

「主体からなる生成的な物語か、即自的に生成される物語かの違い。もう、前者の時代じゃないよね」

これを僕流に解釈すると、前者は「俺は○○になるんだ」という具体的な動機が最初からあって、そこに向けて苦心し、耐えに耐え、最後は成就するというストーリー。一方、後者は目の前にあるものをひたすらこなしていって、その連続で結果的にストーリーがつくられる、という。

―で、なぜ「もう前者の時代じゃない」んですか?

落合 現代のテクノロジーはものすごい速度で進展しているので、ある個人が何年もかけて技術を習得しても、その間にコンピューターの進歩に追い抜かれてしまう可能性が極めて高いんです。

だから、テクノロジーと人間の間に落ちてくる即時的な偶発性を拾って、キャリアを組むしかない。「とにかく何かやり始めて、それを積み上げる」という形しか、リアリティのあるストーリーにならないんです。

言い換えると、かつては“わらしべ長者的な生き方”は行き当たりばったりだとか批判されることも多かったと思います。だけど、今はわらしべ長者こそが勇者なんです。『ひるね姫』の主人公は、そうなれるだけのモチベーションがあった、ということです。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.49 Dec 4th 2017
  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.49

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!