週プレNEWS TOP ニュース IT・テクノロジー 100万円以上する義手を誰でも作れる!! 医療の現場でも3Dプリンターが大活躍

ニュース

100万円以上する義手を誰でも作れる!! 医療の現場でも3Dプリンターが大活躍

[2017年06月15日]

アメリカの大学生は歯の矯正器具を3Dプリンターで自作して、大成功。その費用はたったの60ドル(約6700円)だっという

3月1日に、アメリカ陸軍が発表したプレスリリースによりますと……。なんと、3Dプリンターを使用して兵器である「グレネードランチャー」の制作に大・成・功! さらに最近では一軒家まで作れるとか!

前編に続き、意外と知らない3Dプリンターの最新事情を大紹介!

* * *

―それでは、3Dプリンターが苦手な分野などは? 「DMM.make」の川岸孝輔さん!

川岸 研磨を必要とする製品は難しいです。

―例えば、どんな製品でしょうか?

川岸 ベアリング内のパーツなど精密な研磨が必要な製品は、似たようなものを作れてもスペックは圧倒的に低くなります。現在の技術では金属を素材とした場合、どうしても表面がざらついた仕上がりになってしまいますから。なのでクルマやバイクの車軸、サスペンションなどの摩擦が生じるパーツは苦手です。

しかし現在、金属の出力と同時に研磨を行なうプリンターも開発されていますので、意外とこの問題がクリアされるのは、そんなに先の話ではないと思っています。

DMM.comでは、鋳物も制作可能。鋳型を3Dプリンターで制作し、そこに金属を流し込むことで製品の量産もできる

実は、鋳物も制作可能。鋳型を3Dプリンターで制作し、そこに金属を流し込むことで製品の量産もできる

―樹脂や金属以外では、どのような素材に対応しているのでしょうか?

川岸 陶器やガラスにも対応しています。

―ガラスのようなクリア素材がオッケーなら、カメラのレンズを作るってことも?

川岸 すでに弊社ではアクリル素材のレンズを制作した実績があります。ただ、これも出力後に研磨作業が必要となります。陶器も、焼く工程を別途、行なわなくてはいけません。

―有能な3Dプリンターでも、まだアナログ的な作業を追加する部分が多い?

川岸 そうですね。ですから弊社のスタッフは3Dデータを制作でき、3Dプリンターを扱えるのはもちろん、さらに研磨や塗装などの職人的な技能を持っていないと務まりません。

―それって、分業にしたらダメなんですか?

川岸 この分野は技術革新が著しく、ひとつの技術に特化すると、それが通用しなくなるリスクが常にあります。ですから、分業は考えておりません。


関連コンテンツ

No.27 Jul 3rd 2017

週プレ酒場 今日もやってます!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.28 Jul 10th 2017
    • No.27 Jul 3rd 2017
    • No.26 Jun 26th 2017
    • No.25 Jun 19th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】浅田舞、進化した“美BODY”を魅せつける!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
    • 綾瀬はるか写真集『BREATH』
    • 『週プレ クルマ増刊』
    • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
    • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

     

    プレイボーイコミックス

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.28