週プレNEWS TOP ニュース ライフスタイル “瀬戸内レモン味”大ヒットの要因とは? 「会社が干渉しなかったのが、かえってよかった」

ニュース

“瀬戸内レモン味”大ヒットの要因とは? 「会社が干渉しなかったのが、かえってよかった」

[2017年08月11日]

NEW

ブームに火つけ役、「イカ天瀬戸内れもん味」の誕生秘話とは?

このところ、レモン風味の食品が大ブームだ。

それもただのレモンじゃない。ジュースにお茶にそうめん、スナック菓子、即席焼きそば、たこ焼き、さらにはシュークリームまで、「瀬戸内レモン味」と名づけられた商品が続々と登場、飛ぶように売れているという。

爽やかなレモンの酸味は今のシーズンにぴったりだが、この「瀬戸内レモンブーム」の火つけ役といわれているのが、まるか食品(広島県尾道市)の「イカ天瀬戸内れもん味」だ。「イカ天瀬戸内れもん味」が大ヒット商品に大化けするまでには、いくつかの幸運があったという。前編に続き、まるか食品の松枝修平企画課長に聞いた。

* * *

【幸運2】 ネーミングの挫折
当初、このイカ天は「広島れもん味」と命名されるはずだった。あまり知られていないが、広島はレモンの生産量日本一。そのレモンがふんだんに使われている上、まるか食品も広島県の企業。「広島れもん味」は、ごくごく自然なネーミングだろう。

「ところが、調味料メーカーからストップがかかったんです。調味料には広島、愛媛両県で採れたレモンが使われているため、『広島れもん味』では偽装表示になってしまう。そこで泣く泣く『瀬戸内れもん味』としたんです」

ところが、これが後の大ヒットにつながるのだからビジネスはわからない。

「この『瀬戸内れもん味』、地元の人が行くスーパーなどではほとんど見向きもされなかったのに、駅のキヨスクや観光地のお土産店でよく売れた。つまり、観光客の方々が、土産物として興味を持ってくれたんです。だったら、お土産の定番商品としてリニューアルし、生産を続けようということになりました」

そこはやはり「瀬戸内れもん味」というネーミングの効果が大きかったようだ。

「単なる『れもん味』では全然、売れなかったでしょう。『広島れもん味』でも、ここまでは売れなかったと思います。ひとつの町の名前がつくと、どうしても商品に対するイメージが狭まりますからね。その点、『瀬戸内』だと、この地域のあらゆるいいものを取り込んだイメージが大きく膨らむ。『地中海レモン』がいい例だと思いますよ(笑)」

【幸運3】若手女性スタッフの彗眼
生産継続が決まったとはいえ、「イカ天瀬戸内れもん味」の生産量はごく少量。それもあって定番化にあたっての商品リニューアルはひとりの若い女性社員に託されたという。

「会社が干渉しなかったのが、かえってよかったみたいです(笑)。以前のパッケージは、明朝体に黒字の商品名でかなりおやじくさかったんですが、リニューアル後はパステルカラーを使い、女性が手に取りやすいように大変身。一度に食べきらなくてもいいように密閉チャックもつけた。その結果、女性客の評判がよくなり、瀬戸内観光の思い出にまとめ買いされるケースも多くなったんです」


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jan.8th 2O18 no.1・2
  • No.52 Dec 25th 2017
  • No.51 Dec 18th 2017
  • No.50 Dec 11th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】華村あすか、2017年最高のシンデレラ。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.1&2