週プレNEWS TOP ニュース 社会 「ダニは“神様の贈り物”。一度、食べてみましたが…」忌み嫌われる存在にダニ研究の第一人者が語る

ニュース

「ダニは“神様の贈り物”。一度、食べてみましたが…」忌み嫌われる存在にダニ研究の第一人者が語る

[2017年09月06日]

フランス産のチーズ(ミモレット)の熟成を助けるチーズコナダニ

ただでさえ疎(うと)まれた存在なのに、ここ数年、ウイルス性の感染症を多数引き起こし、さらに評判を落としている“嫌われ虫”の代表格、ダニ。特に、最悪は死に至るSFTS(重症熱性血小板減少症候群)やダニ媒介性脳炎をもたらすマダニは“殺人ダニ”などと忌み嫌われる存在になっているが…。

「(ダニなんて地球上から消えればいいのにと思うのは)人間のエゴです」と話すのは、法政大学教授でダニ研究の第一人者、島野智之(さとし)氏。話を聞くと、「日本に生息する約2千種のダニのうち、血を吸うのは1%」「大半のダニは森などで静かに暮らす“平和主義者”」なんだとという(前回記事参照)。

さらに頬を緩ませながら、ダニの魅力を語り出す島野氏…。

島野 とっておきの話をしましょう。チーズがおいしいのはダニのおかげなんです。

―ん? どういうことですか?

島野 日本でも普通に売られているフランス原産のミモレットというチーズがあります。オレンジ色で堅く、カラスミのような香りと味がクセになるチーズですね。実はミモレットを作って熟成棚に置くと、最初はカビだらけになるんです。

職人がブラシを毎日かけてカビを落とすのですが、表面に発生したダニがカビの量を調節しチーズを熟成させているんです。24ヵ月たつと、最高のミモレットの完成です。フランスのチーズ職人は『ダニは神様の贈り物』と言ってました。

―で、ダニごと食べちゃう!?

島野 いえ、フランスではダニがついた状態でチーズが売られてますが、ダニがいる表面は削って食べます。ちなみに私は試しに一度、ダニとチーズを一緒に食べてみましたが、ほとんどダニの味はしませんでしたね。

―食べたんだ! ダニを…、

島野 はい。1匹じゃ味がわからないと思って、50匹くらい舌の上に乗せて。

―“ダニ愛”が半端ないっすね!? というか、人によっては異常と映るかも(笑)。

島野 自覚はあります。普段、こんなに全開モードでダニの話ができる機会なんてありませんから。国内のダニ博士が集う、年イチの『日本ダニ学会』くらいなもので…。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017
  • No.45 Nov 6th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

 

プレイボーイコミックス

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!

メルマガ会員&アンケート 2017年No.48