週プレNEWS TOP ニュース 社会 過熱する“不倫叩き”の背景――「結婚してる私はエラい」日本人特有のメンタリティが? 

ニュース

過熱する“不倫叩き”の背景――「結婚してる私はエラい」日本人特有のメンタリティが? 

[2017年10月12日]

NEW

─聖書には、姦通して石打ちの刑で殺されかけている女性をイエス・キリストが助ける話も出てきますね。

坂爪 「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい」というやつですね。結局、誰も石を投げることができず、その場を立ち去ってしまった。この話は、過熱する不倫報道で悪者を仕立てて徹底的に叩きまくっている方々に聞かせてあげたいですね(笑)。

しかし、こうやって考えていくと、やはり日本とドイツの文化的背景の違いというか、そもそも結婚というものの捉え方に大きな差があるように感じます。ドイツでは、結婚というと、やはり個人と個人の関係なのでしょう。それに対して日本では、戦後の憲法で「婚姻は両性の合意のみに基づいて成立し…」と改められましたが、まだまだ“家”という概念に縛られる傾向が強く残っているのだと思います。

サンドラ 日本の夫婦が離婚したくても我慢する傾向の背後にも家制度の影響があるのではないでしょうか。

坂爪 先ほどサンドラさんが言った「結婚している私は偉い」というメンタリティも、日本人が結婚して家制度という枠組みの中に入ることが大事だと考えていることからくるものだと思います。

例えば、Facebookの投稿を見ても、既婚の男女がパートナーの写真をアップしているのはあまり見ませんよね。僕も結婚していますが、妻の写真はまずアップしませんし。一方で子供の写真は「これでもか!」というぐらいアップされている。これも夫婦の関係が家制度の中に呑み込まれて、その家の跡継ぎとなる子供のほうに重心が移ってしまった結果だと思います。

─セックスレスの夫の言い分として「結婚したら妻というより家族だ。家族とはセックスできない!」というのも定番です。

サンドラ その言い分にある「家族」のような、肩書きというか身分のようなものに固執するのも日本社会の傾向ではないでしょうか。

私が独身の頃、ドイツから幼なじみの男性が日本に遊びに来て、私の家に泊めてあげたことがあります。滞在中、あちこちを案内したり日本の友人に紹介したりしたのですが、彼を「お友達です」と言うと、みんな決まって疑いの眼を向けるんです。「本当に?」「若い男女が同じ屋根の下で寝泊まりしていて、何も起きないの?」と。でも実際にはロマンチックなことは何ひとつ起きないわけです。だって友達ですから。

日本人は“若い男女”という身分のようなものに固執しているのかもしれません。もちろん、それ以前にドイツでは、男女間の友情が日本よりも成立しやすいという事情もあるのですけど。

坂爪 僕は新潟在住ですが、東京に住んでいる独身の女性が、地域おこしへの協力などの理由で新潟の農村に移住してくると、大いに歓迎されます。地元の男性と結婚すれば、なおさらですね。一方で、東京から移住してきた男性が地元の独身女性と結婚するとなったら、同じ地元の男性たちの反応は一変するかもしれません。

―それは家制度よりもさらに深い、女性が地域のコミュニティや地元の男性たちの所有物であるかのような考え方ですね。ドイツにはそういう傾向はありませんか?

サンドラ あります。ドイツ国歌の歌詞は、実は1番から3番まであるのですが、戦後に歌われているのは3番だけです。1、2番は、戦後のドイツでは国歌として歌うことが禁止されていて、そこにはこういう歌詞が書かれています。

「ドイツの女性、ドイツの忠誠、ドイツのワイン、ドイツの歌は、古(いにしえ)からの美しき響きをこの世に保って…」。このように、女性とワインが同列に扱われていたわけです。

そして現在も、これは私個人の体験ですが、かつてドイツ人の恋人と一緒にいた時にはドイツの人たちも暖かく迎え入れてくれました。ところが日本人の恋人とドイツの人たちの前で一緒にいると、東京から来た男性が新潟の女性と結婚するケースと同じで、ドイツ人の特に男性から厳しい視線を向けられます。実際に「ドイツの男よりも東洋人の男ほうがいいのか!?」と質問されたこともあります(苦笑)。


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.52 Dec 25th 2017
  • No.51 Dec 18th 2017
  • No.50 Dec 11th 2017
  • No.49 Dec 4th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】華村あすか、2017年最高のシンデレラ。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.52

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!